other

検察官は年齢制限がある?何歳までに予備試験に合格した方が良い?

検察官になる年齢制限はないですが定年が63歳(検事総長は65歳)なので、採用を考えると若い方が有利です。学歴制限もありませんが、資格の有無で検察官になるための試験の種類が異なります。

検事になるルートは5つあり、まず法科大学院を修了するか予備試験に合格し、更に司法試験を合格した後に1年間の司法修習を受ける必要があります。

それを終了してかあらそのまま検事になる場合や、判事や判事補といった裁判官を経たり、弁護士を経験してから検事になるケースがあります。

また特定の大学で3年間以上、法律学の教授や助教授の職に就いてから検事になる場合や、既に検察官である者が副検事といったルートです。

検察官は年齢制限があるって本当?

スーツを着た男女のイラスト

検察官になるにはいろいろな資格や段階が必要です。それだけ知識や経験が必要な仕事ですので、検察官になるのに時間もかかります。そこで気になるのが年齢制限です。

司法試験に受かったとしても、そこからさまざまな経験を踏むとなると、今からなっても年齢制限で線引きをされてしまうのではと心配になる方もいるでしょう。しかし、心配は不要です。

検察官になるのに年齢制限はありません。資格と段階を満たしていれば、特に年齢で区切ることはないので、その点を気にせずに勉学や経験を積むことに集中できます。

しかし、司法試験を受けられる回数に限度があるので、検察官になる前の段階である程度の計画性は必要になります。また、検察官の定年も決まっており、一般的には63歳で検事総長が65歳です。

つまり、この年齢に近いほど司法試験は合格しても、検察官に就くまでに至らないケースも考えられます。この年齢までに余裕があるのなら、あきらめずに年齢制限を気にせずに取り組むことは問題ありません。

意外と年齢制限がありそうに思えて、正式な条件はないのでチャンスは広がっています。しっかりと中身のある検察官になるには、年齢ではなく実力勝負であると言えます。

検察官になるには何歳までに予備試験に合格した方が良い?

検察官を志望している場合、登竜門とされているのが司法試験を突破することです。司法試験を受験する平均年齢は公表されておらず、事実上年齢制限は撤廃されています。

国家資格を受験するためには資格として法科大学院を卒業しているか、予備試験を合格する2種類の方法があります。

一般的には法科大学院を対象として法学部出身者は2年の時点で課程を修了するので、24~25歳で受験を資格を得ますが、予備試験は年齢の下限がないので誰でも受験することが可能です。

そのため法科大学院に通っている経済的、時間がないという社会人であっても、司法試験にチャレンジする方法として予備試験を受けるため、高年齢層の方が受験することも珍しくありません。

特に日本では人生100年時代に突入していることから、人生経験が豊富な人がキャリアアップのために予備試験に受験する方も増えてきている傾向にあります。

しかし実際に検察官として働き始める場合、本格的に仕事を始めるまでは1年間は司法修習の課程を修了し、最終試験に合格しないと法曹になる資格を得ることが出来ません。

そのため若い内に試験に合格できれば、早くに検察官の道を歩き始める事ができるので、同世代の人よりもキャリアアップしていくことが出来ます。

検察官になるには何歳までに司法試験に合格した方が良い?

検察官とはどのような職業なのかというと、犯罪が発生した際に警察と協力しながら捜査を行い、その結果をもとに起訴するかどうかを判断することです。

いわば法律の専門家といっても過言ではなく、社会の秩序を守るために必要不可欠な職務を行っています。検察官になるためには司法試験に合格しなくてはならないので、合格者は検察官の他に弁護士や裁判官を希望することもできるのです。

しかしながら、司法試験に合格すればすぐに検察官になれるというわけではなく、1年間の司法修習が存在しています。

その司法修習の中で良い成績を残すことはもちろん、その人の性格などから本当は弁護士や裁判官の方が向いているのではないかなど、自分自身のみならず周囲の目からも判断していくのです。

実際のところは検察官になるために司法試験合格の年齢制限があるわけではありませんが、仕事の特性などから考慮して、一般的には高年齢での合格は難しいといわざるを得ません。

採用後はまず東京地検で2ヶ月の研修があり、それから全国各地の地検に配属されます。その後は数年ごとに転勤を繰り返し、検察官である以上転勤を避けることはできないのです。

ハードワークであるといったことを鑑みると、年齢が若い方がより得だといえます。

検察官は試験に合格しても採用されないことが多い?

検察官は検事とも言われますが、任官するためには司法試験に合格しなくてはいけません。司法試験と言えば難関の資格である事は有名ですが、必ずしもこの試験に合格することで未来が開けるとは限らないと言うことが知られています。

そもそも司法試験に合格することによってなることができる職業にはいくつかありますが、裁判官や弁護士のほかに検察官と言う道が開けていることになります。

検事になるためには、任官を希望するものの中から優れた人格や適性を持っている人物を総合的に判断する試験に合格する必要があります。

そのため司法試験に合格してから、さらに選抜を受けることになると言う仕組みになっていることに留意しなければなりません。司法試験に合格することによって自由に職業が選べるわけでは無いのです。このことは重要なポイントとなります。

任官するために必要な条件にもいくつかありますが、年齢制限と言うものは存在していません。最近の事例であれば最年長で38歳の合格が記録として残っています。

最年少は24歳であり、平均年齢が27歳と言う事から狭き門であり複数回の努力を必要とする場合が少なくないことを示しています。

このような意味において合格者数は厳しく制限されていると言う現状が存在しており、必ずしも採用されるものではないと言う位置づけになっていると考えることができます。

検察官の年収はどれくらい?同じ階級でも勤続年数で大幅に変わる?

お金を広げる男性

検察官の報酬については、「検察官の俸給等に関する法律」という独自の法律により明確に規定されています。

検事長以下については1号から20号の等級が定められており、その平均年収は613万円程度となっているようです。

検察官の報酬は基本的に勤続年数に応じて決定されますが、階級が上がると報酬の額が増えることが多いようです。

一方で同じ階級の場合には、勤続年数が長いと報酬が増えることになります。ちなみに東京高等検察庁検事長の年収の額は、約1,600万円となっているようです。

検察官の平均年収は幾らくらい?

コインと男性のイラスト

検察官を目指すにあたり、気になることは色々あるかと思いますが、その気になる項目の中に年収面があるかと思います。検察官の平均的な年収は、およそ600万円と言われています。

検察官の給与体系は一般的な国家公務員とは異なり、検事長以下の役職は1号~20号という形で分けられています。そのクラス分けの真ん中、10号の検察官の月収平均は約39万円程度といわれ、それに各種手当などが付いてこうして平均月収の値になります。

年齢別でいうと、20代の検察官の年収平均は約390万円、30代になると約510万円、40代で約650万円という風に推移していきます。

20代で検察官になり、順調にキャリアを重ねていくと、最初の20等級から10年後には10等級となり、さらに10年以上のキャリアを積んでいき最上級の1等級となると年収は約1450万円という理想的なキャリアモデルとなります。

さらに同じ検察官でもいわゆるキャリア組である総合職と一般職では年収平均は変化し、総合職の平均年収は約850万円程度です。

当然、時間以上の役職になるとさらに年収平均は増加していきます。このようなことを考えて、将来この職に就きたい人は進路を考えると良いかと思います。

検察官は同じ階級でも勤続年数で年収が違う?

検察官は警察と協力し、被疑者を起訴するかどうかを判断します。

この起訴するかどうかを判断する権限は、検察官のみに付与されていますので判断を誤れば、冤罪を引き起こし人ひとりの人生を狂わせてしまうことがあるため非常に責任重大な職業なのです。

さて、これだけ大きな仕事をする職業である検察官ですが、どれくらいの年収なのでしょうか。検察の階級構成は、高い順から検事総長、次長検事、検事長、検事、副検事となっています。

他の公務員と同じように、昇進試験で棒給を月額で割った、年棒制度を採用しています。すなわち、国が法律を制定しそれを国会で審議して給与を決定しているのです。もちろん、階級が高いほど高給となります。

勤続年数の面から見てみると、1年目は20等級から始まります。勤続30年以上ともなれば、順調に昇進していくことで年収1500万円以上も可能です。このように、検察官の年収は階級や勤続年数によって異なります。

検察官は、普通のサラリーマンと比べると仕事の内容が専門的かつ残業代が支払われないことになっていますので敬遠される人も多いかもしれませんが、昇進を続ければ年収1000万円を超える可能性が十分にあるのです。

検察官で出世コースに入るには?

検察官には階級があり、一番上から検事総長、次官検事、検事長と並んでいます。一般的に検事事務官から試験を受けて検察官になった人は、副検事となり一定期間勤務を行った上で試験を合格することで検事として活動することが出来ます。

司法試験を受けて検察官になった人は副検事を行うことなく検事からスタートすることが出来るため、早めに出世するなら司法試験を合格することが大切です。

検事として出世をするためには、新任検事として東京地検本庁で合同教育を受けた上で、基礎的実務能力を身につけることで実際に捜査公判に携わっていくことが出来ます。

実力が身についてくれば、大阪地検本庁や東京地検本庁にて基礎的実務能力をさらに伸ばしていくことになります。

検事は最初の1~2年を地方都市で経験を積むことになり、次の2年間で多種多様な事件の捜査公判を通じ、大都市で実務能力を伸ばしていくことでやっと中堅検事として認められます。

実際に自分自身も後輩検事の指導を行いつつ、法務省や政府機関、国際機関に配属され事件を担当し、三席検事や小規模支部長といった中間監督者にキャリアアップしていくのです。

年収は役職によって異なり、検察官の全体的な平均年収は613万円です。最高職である検事総長の年収は約1,814万円で東京高等検察庁検事長の年収は約1,600万円となります。

女性は検察官になれる?

ドラマや映画では、検察官といえば男性の俳優が演じることが多いので、男性のイメージが強い職業であります。

しかし現実には、女性であっても検察官になるための司法試験に合格して法務省が行う採用試験に受かることができれば、検察官として働くことができます。

実際に毎年30名前後の女性が検察官として採用されていますから、男性よりは数が少ない一面がありますが、しっかりと働いています。

女性検察官は、優秀な能力と正しい正義感を持っているだけでなく、細やかさや優しい態度などが好評であることも多いです。

検察官の採用試験は性別で左右されることがなく、必要に応じた能力を有していれば、公正な試験が行われるので採用されることは決して大変なことではありません。

ただ検察官は年収も高く、社会的に立派な職業である反面、国家公務員という社会に奉仕をする仕事だという一面が強いです。

そのため仕事内容はハードですし、残業があったり、出向をするなどバイタリティと信念を持ち合わせていなければ大変な部分もあります。

特に女性は出産や子育てをするのであれば、仕事の両立が難しいこともありますが、公務員としての福利厚生を利用すれば周囲のサポートを経てやりがいを持って働けます。

検察官の階級の仕組みとは?一番偉い階級になるにはどうしたらいい?

検察官の階級は一番偉い人から検事総長で次官検事、検事長と続き副検事長という仕組みになっています。

検事総長官名であるとともに職名でもあります。その仕事は最高検察庁を掌握し全ての検察庁に在籍している職員の指揮監督を行うことです。

年収は2900万円位で、検索官の給料も警察官僚の2倍だということです。

検察官は司法試験合格者毎年100人採用されそのトップが天皇が認証する検事総長です。検察官の年収は、霞が関でもトップクラスに入ると言われています。

検察官の階級の仕組みは?

棒グラフ

検察官の階級は、上から順に「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」となっています。「副検事」の選考資格には、司法試験に合格し3年以上2級官吏その他公務員の職に在った事が条件になります。

副検事は、検察官として、捜査や公判・刑執行の指揮監督などの業務を担います。他に、地方検察庁において検事に準じた職務も行っています。副検事から「検事」になるためには、3年以上副検事の職にあり検察官特別考試に合格した者とされています。

ただし、副検事からスタートしないコースもあり、司法試験に合格した後に司法修習を終えた裁判官や弁護士、3年以上特定の大学で法律学の教授又は助教授の職にあった者は、検事になる資格を持ちます。

検事としての経験を積み実績が認められると、検事長、次長検事、検事総長へと階級が昇格します。この3つの位は、いずれも天皇による認証が必要です。

「検事長」は、高等検察庁の行政事務の責任者として、その庁および管轄の地方検察庁や、区検察庁の職員を指揮監督する権限を持ちます。「次長検事」は、最高検察庁に所属し検事総長を補佐する役割を担っています。

検事総長に事故があった場合や欠けた場合には、その職務を行います。「検事総長」は検察官の最高位の官吏であり、最高検察庁の長として在籍している全ての検察庁の職員を指揮監督する権限を持つ立場となります。

検察官で一番偉い階級になるには?

検察官で一番偉い階級は検事総長で、検事総長になるためにはまず副検事にならなくてはならないです。副検事とは検察官のなかで一番低く、試験を受けて合格したばかりの人間を指しています。

副検事になれば定められた期間の勤務が義務付けられ、さらに試験を受けて検察官に採用されれば晴れて検事です。検事は検察官の人口の割合をほとんど占めており、そこから階級を上げるにはキャリアを積む事が求められます。

すなわち、当分の間は中堅と言えるまでのスキルアップです。最初は新人として東京地検本庁で開催される講義を受け、基礎的な能力を身につけるところから始まります。

主に捜査公判におけるものですが、さらなる向上を目指して東京地検本庁だけでなく大阪地検本庁にて能力開発が行われていくものです。これらは1年通して行われますが、次の年からは地方都市に派遣されて実務に励んでいきます。

地方都市への派遣は2年とされており、その2年が終われば今度は有名な都市に赴いて様々な事件を扱っていくようになり、それを一通り出来るほどになれば立派な中堅です。

中堅の検察官の仕事は事件の公判だけでなく、後輩の指導なども挙げられます。これは次の階級である三席検事および小規模支部長の役割である他の検事の指導に関わるため、重要です。

それはさらなる階級である地検次席検事や最高検検事でも変わらないと言えます。いずれにしても検事総長になるためには下積みが必須です。

検察官で一番偉い階級になれる年代は?

検察官で一番高い階級となるのが「検事総長」で順に次官検事、検事長、検事、副検事となっています。

検事総長の仕事は、最高検察庁の「庁」として庁務を掌理するとともに検察庁に働くすべての職員を指揮監督する権限をもっていて内閣総理大臣から任命されます。

多くの知識と様々な経験、公正な判断力など求められているスキルも高くなってくるのでエリートと呼ばれる検察官の中でもごく限られた人のみがなれる役職であり、歴代の検事総長の年齢を比べてみても年代的には50代以降となっています。

1983年以降は東京高等検察庁検事長から選ばれるのが慣例となっているのでこの地位につくためには、東京高等検察庁で経験を積んでいく必要があるといえるでしょう。

しかし、必ずしも検察官経験者である必要はなく、法律に定められた規定に反していなければ裁判官や行政官、弁護士経験者の中からでも選ぶこともできます。

国の中でも重要な職務であるがゆえに、年収も「2900万円」で月額では「146万6000円」の支給がされています。

これは国務大臣や会計検査院長の給与などと肩を並べることとなり、霞が関で働いているほかの省庁の職員と比べてみてもずば抜けて高い給与であるので、検事総長はエリートの中のエリートであることは間違いないでしょう。

検察官で一番偉い階級の年収は幾ら?

検察官は公務員ですが、一般的な公務員とは異なり、「検察官の俸給等に関する法律」という法律によって給料がきちんと定められています。そのため年俸制で働いている形態が一般的です。

もちろん経験や年齢、階級などによって異なりますが、階級があがるとともに昇給していき、最初の最も低い「検事20号」でも22万以上の月額の給与が支払われています。

これがさらに昇給すると、最高位の「検事1号」となり月額120万円以上の給与を手にすることが可能です。公務員ということもありますから、官舎が割り当てられたり、その他通常の公務員と同じような福利厚生の待遇を期待できる点も魅力的です。

一番偉い、最高位の検事総長の年収はおよそ1800万円ほどと言われています。次の等級の次長検事の年収でも1400万円以上となりますから、階級があがるに従って給与も段階的に引き上げられていくことがわかります。

階級は「検事総長」から「次長検事」、「検事長」「検事」のように続いており、特に不正問題などがなければ、この給与制度に変更はありません。

地方検察庁で働くことになった場合は、「検事正」が最高職となり、「次席検事」「三次検事」のように続いていきます。昇給の際には試験を受ける必要があり、最高位まで登り詰めるのは大変なことです。

検察官と検事の違いは何がある?検察官と検事はどっちが偉い立場?

検察官は、司法試験を受け合格するか、検察事務官の経験を一定期間、積み重ねて試験に合格すると検察官になることが出来ます。

どちらが偉いというものではなく違いは、検事は検察官の中の階級の一つで、司法試験を受け合格した人が最初になるものです。

検察事務官の経験を一定期間、積んでから試験に合格した人は副検事となります。階級は全部で5つあり検察官の中で立場が一番偉いのは、検事総長で天皇陛下の認証を得てなることが出来ます。

検察官と検事は何が違う?

スーツを着た男女のイラスト

ドラマで取り上げられたこともあるので、検察官と検事の違いについて疑問を抱く人もいるでしょう。実際には2つの仕事は同じことを意味します。さらに詳しく説明すると検事は検察官の階級のひとつです。

最も階級が高い階級は「検事総長」となります。最高検察庁や高等検察庁、地方検察庁、区検察庁で設置されている役職が多少、異なることがありますが、おおまかに説明すると検事は下から2番目の階級になります。

一般的に検察官というと検事と副検事のことを指すことが多いです。検察官の主な仕事は警察などから送致を受けた事件を捜査し、裁判所へ起訴するかどうか判断することです。

起訴が決定すれば公判で立証し、裁判所に適正な判断を求めたり、実際に裁判の執行の指揮監督を行ったりします。警察でも十分な操作は行いますが、検察官にも捜査権があるので証拠を求めてさらに事件現場を調べることもあります。

警察と協力して事件の真相や真実を明らかにするのが検察官の仕事です。日本では検察官だけが犯人を起訴できることになっています。

罪を犯した人を法廷で裁くためには検事の存在が必要です。人の人生を左右する重要な判断を下す仕事なので、とても責任の重い立場にあります。

偉い立場なのは検察官と検事どっち?

検事とは、検察官という職業の中にある役職の一つです。検察官は立場が上の順から「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」に区分されます。よって回答は、どの役職にある検察官と比べるかによって異なります。

あるいは、この2つを比べることはできない、とも言えるでしょう。検察官全体として行う職務は、まず警察などから送致(関係書類や被疑者などを、捜査機関から別の期間へ送ること)を受けた事件についての捜査です。

そこで起訴・不起訴の判断を行い、起訴すべきと判断すれば、裁判所へ法律の適用を求めます。また実際に裁判を行うことになったとき、被疑者の罪を立証するのも検察官の役目です。

検事単体としては、全国各地にある地方検察庁・高等検察庁・最高検察庁で、裁判の指揮および監督をするのが主な役割です。

それより上の役職になると、高等検察庁・最高検察庁のトップ(またはその補佐役)に立ち、検察官を含め大勢の職員を指揮する立場になります。日本の法律では、被疑者の起訴・不起訴を決める権限は検察官のみに与えられています。

よって立場上かなり強い力を持つことのできる職業ですが、そのぶん言動や判断には常に大きな責任が伴います。

検察官の平均給料は幾ら?

検察官とは高等検察庁・地方検察庁などに配属されて、裁判執行の指揮監督を行う職業のことをいいます。

検察官は国家公務員になりますが、一般的な国家公務員とは給与体系が異なります。独自の法律によって等級が決められていて、それに応じた給与となっています。

高等検察庁の検察官には、一番偉い階級から検事総長・次長検事・検事長・検事・副検事といった階級制度になっています。検事の平均的な年収は600万円程度で、等級が上がるにつれて年収が上がって行きます。

20代後半だと440万円程ですし、40台前半だと600万円程度の年収になります。50代後半だと700万円程度の年収になっています。等級は昇進試験を受けて合格することで上がるので、必ずしも年齢が上がれば給与が上がるというわけではありません。

弁護士などは高給取りのイメージがあります。検察官はそれと比較すると給与は高いとはいえないかもしれません。ただし、弁護士も競争率が激しくなっているので、思うような高給を得られない人もいます。

努力や工夫次第で高収入が見込める一方で、低年収に甘んじている人も少なくありません。それに対して検察官は国家公務員になるので、多額の報酬は望めませんが安定しているというメリットがあります。

検察官には協力者が居る?

検察庁の主役は検察官だと思われがちですが、黒子役ながら重要な役割を果たしているのが検察事務官です。病院で医者よりも看護師が頼りにされたり注射や採血、吸引などを上手にこなしているのと通じるものがありそうです。

検察事務官は一言でいえば、検察官の補佐役ですが一般の事務を受け持っているだけではなく、検察官の指揮を受けて犯罪の捜査、被疑者の逮捕と取り調べ、検視、罰金の徴収などを行います。

刑事訴訟法が定める司法警察職員ではありませんが、検事の指揮を受けて捜査を行うことができ張り込みや家宅捜索では、警察のベテラン刑事に勝るとも劣らぬ職人芸を駆使して活躍しています。

多くの地検では捜査検事は担当の検察事務官と二人、小部屋で執務しています。検事付きの事務官は立ち合い事務官と呼ばれ、検事とは夫婦よりも親しい間柄と言われます。

立ち合い事務官は検事と二人三脚で事件の捜査に当たり、日常的な事務をこなすだけでなく事件の内容を調べたり、被疑者や参考人の立場や心境をくみ取りながら検事に助言を行ったり片腕となって働きます。

調べの結果を供述調書に録取するときにも、検事が後述する内容を立ち合い事務官が筆記したりワープロに打ち込んでいきます。

検察官になるにはどんな方法でなればいい?高卒でも検察官になれる?

スーツを着た男性

検察官になるにはどのような方法があるかというと、資格があるのは司法試験の合格後に司法復習を終えた者、裁判官や弁護士、特定の大学で3年以上法律学の教授か助教授の職にあった者、3年以上副検事の職にあって検察官特別考試に合格した者とされています。

また、検察事務次官や法務次官などの公務員も試験に合格すれば副検事になれます。学歴は関係ないので高卒でも大卒でも問題ありません。

ただし、高卒では司法試験の受験資格がないので司法試験予備試験に合格しなくてはいけません。

検察官になるには?

スーツを着た男性

検察官になるには、まず司法試験に合格する必要があります。司法試験にも受験資格があるので、その要件を満たさなければなりません。司法試験の受験資格を得るには、法科大学院を修了したり予備試験に合格することが条件となっています。

無事に司法試験に合格することができれば、1年間の司法修習を修了して修了試験に合格すれば、裁判官・検察官・弁護士になる資格を取得することができます。

その三者の中で、検察官を選ぶ人はあまり多くはありません。全体で見ると、4%程度にとどまります。では、資格を取得した後に実際に検察官になるにはどうすればいいのでしょうか?検察官になるには、法務省が実施している採用試験に合格する必要があります。

実務修習が行われ、人柄や能力などが判断されます。そして最終的には、採用面接が行われ希望者が検察官に相応しいかどうかが判断されることになります。

検察官は犯罪に関わる職業なので、高い倫理観や正義感が求められます。強い国家権力の一部を担うことにもなるので、公平性なども重要な要素になります。そのため希望したからと言って全員が採用されるわけではありません。

また、検察事務官として就職し、副検事になるための試験を受けて合格してから特別試験を受けて検事になる人もいます。

高卒でも検察官になれる?

検察官になるには、司法試験を受験して合格をする必要がありますが、その前に司法試験を受験するための資格が必要になります。

資格を取得するためには、大学の法学部で法律を基礎から学び、司法試験予備試験に合格するという方法が主流になっています。それ以外としては、ロースクールと呼ばれる法科大学院を修了することで司法試験を受験するための資格が得られます。

司法試験予備試験というのは、多くの人が大学で法律を学んでから受験しますが、実は法学部以外の学生や高卒の人でも受けられるようになっています。

もちろん大学で4年以上の時間を法律を学ぶために勉強しているほうが、司法試験予備試験に合格する可能性は高くなりますから、弁護士や検察官といった法に携わる職業につきたい場合は法学部に通うことが一般的です。

ただ高卒であっても、司法試験予備試験を受験する権利がありますから、独学で勉強して合格した人も存在しています。その試験に合格をすれば、司法試験を突破することで、検察官になる資格を取得したことになります。

司法試験に合格をしてから、法務省が行っている試験に合格すれば、検察官として採用されることになりますから、学歴は気にする必要はなく、必要なのは確かな能力と素質だといえます。

検察官になったら何処で働く?

検察官になったら、検察庁で働くのが一般的です。新任検事は東京地検本庁で総合的な教育を受けた後で、東京と大阪の地検本庁に実務を通して様々な事件に触れて基礎的な知識や経験を一年間かけて学んでいきます。

その後は応用的なものを学ぶために地方で学ぶこととなり、計5年という歳月を得て新任は中堅の検事となっていくのです。

はじめのうちは扱う事件も難しいものは少なくて、比較的、扱いやすい事件を担当していくのですが自分の知識を生かしつつ、同時に先輩や上司のアドバイスや助言などを聞き入れながら事件に取り組んでいくこととなるでしょう。

検察官が扱う事件は複雑で難解なものが多いのも特徴ですので、専門性が高い仕事とされています。

検察官になるには、まずは難関といわれている司法試験に合格する必要がありますので、この職業に憧れを抱いている人は、大学進学の際に司法試験の合格率が高い学校や学部の選択も視野に入れておくのがおすすめです。

また、検察庁以外にも、法務省などの各省庁や国際機関や行政機関などでも働くことができます。

法律のプロフェッショナルと呼ばれる仕事でやりがいのある仕事でもあるのでこの仕事に興味がある人は、早い段階から法律に関する様々な知識を予め学んでおくとよいでしょう。

検察官は身辺調査されるって本当?

検察官になるにはまず法科大学院を修了し司法試験に合格してから、司法修習を修了時にある検事への任官試験を受け採用されなければなりません。

この職業に就くには各大学院が実施している入学試験に合格する必要があり、大学により入学科目などは違い試験体型も違うので自分の適性にあった大学院を受験します。

大学生から法律を学んでいた場合と法学部出身でない時では、試験体型が異なります。法科大学院を修了した後から司法試験を受けて合格し任官試験で採用されると司法修習をおこないます。1年間の司法修習を経てから最終的に検察官に任官されます。

司法試験は大変難易度の高い試験として有名で、平成29年の司法試験の出願者数は6,716人いましたが合格者は1,543人でした。資格を取得しても継続して勉強を続ける必要があり、根気強く法律を学ぶことが出来ないと続けられない職業です。

また、検察官になるときは身辺調査もあると言われてますが、実際に本当に調べているかはわかりません。犯歴照会なども目的のために使うのかあまり関係なく調査は可能です。

前科の有無や内容についても完全に自己申告だけというのも考えにくいので、やはり調査は行っていると考えた方が良いです。

司法試験予備試験の論文の合格点はどのくらい?論文の勉強方法とは?

司法試験予備試験の論文式試験は問題が10問出題され、満点は500点となっていますが、例年の合格点は240~250点程度と、満点の約50%程度となっています。

論文式試験に合格する人は、長い問題文から論点の整理が的確にできており、かつ論証の組み立ても比較的シンプルである傾向があります。

したがって、勉強方法としては法律の知識はもちろん、問題文から重要なポイントを見抜く力をつけることと、誰が読んでもそうであると解釈できるような書き方を身につけることが重要といえるでしょう。

司法試験予備試験の論文の合格点は?

積まれた紙

司法試験予備試験の難易度は非常に高く難関試験の一つとして知られています。その合格率は概ね4%前後となっています。非常に多くの勉強量をこなしている人が受験しているにも関わらずこの数字なのです。

司法試験予備試験は短答式試験、論文式試験、口述試験の3つの試験から構成されています。短答式試験は、マークシート方式の試験です。

配点は法律7科目(憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法)が各30点、一般教養が60点なので合計270点となります。

論文式試験は記述式の試験で、法律7科目に実務基礎科目(民事・刑事)が加わり、一般教養を含めると合計10科目です。配点は各50点なので合計500点となります。

口述式試験は論文式試験が突破できれば、ほぼ突破できると言われていますが、油断はもちろん禁物です。

配点からもわかるように、司法試験予備試験合格の最大のポイントは、この論文式試験突破にあると言われています。その合格点の目安は240点前後となっていて、正解が半分をやや下回るあたりがボーダーラインとなっています。

しかし、合格点から受けるイメージと実際は別物で、持っている知識を問題に合わせて的確な解答としてアウトプットできるようになるまでにはとても時間がかかります。

司法試験予備試験の論文は配点が高い?

司法試験予備試験では論文の配点が高く設定されていることが多いです。短い文章によって作られた問題は倍率が二分の一に対して、論文式の試験の配点はおよそ二倍になっているのです。

そのため司法試験予備試験を受験する学生のほとんどは論文対策を徹底しています。その中に含まれている試験科目は、憲法や行政に加え、民法や商法など多岐にわたっています。

成績の区分けは4分割されており、75パーセント以上の正解率だった受験生は優秀と判定されます。58パーセント以上の受験生は良好、41パーセントを下回ってしまうと、不良であってしまいます。

ただし、これはあくまでも科目1つあたりの判定なので、一つでも満点があれば、合計の点数で合否が決まる司法試験予備試験では合格してしまうケースもあるのです。

また司法試験予備試験では大学の一般教養の修了をもって、一部が免除されるように見直しされる可能性もあります。

一般教養科目の廃止も行われる可能性も想定されるので、今後は更に論文の配点が高くなってしまうことも予想されるでしょう。

そのため、一般教養科目の対策は行わなくても良いという考え方もありますが、論文一辺倒の対策だと合格が厳しくなる可能性もあるので避けたほうが無難です。

司法試験予備試験の論文の勉強方法は?

司法試験予備試験の論文問題は、司法試験に比べるとシンプルな作りになっています。とはいえ、応えるためには基礎知識を基にした応用も必要で、合格に必要なレベルは司法試験並みです。

勉強方法は人によって異なりますが、論証を覚えるという方法が一つあります。論証は覚えておけば事例を当てはめることで回答をしやすくなります。

ただし、まったくそのままでは使えないのが普通で、単に覚えた論証を吐き出した答案は悪い評価になってしまうでしょう。したがって、それぞれの事例において具体的にどう使っていけばよいのか、現場で判断する力が必要となります。

これは、予備校等で行われている答練を受けることで養うことが可能です。問題を解くことは自分一人でもできますが、それを採点するのは自分だけになってしまう独学はあまりよくありません。

答練は、合格者の方が採点をするので、どこがおかしいのかもわかってくるため、独学に比べて修正しやすくなります。濃くした答練は試験シーズン直前ではなく、前もって開催されているため、じっくりと力を養うことが可能です。

少し料金は高くなってしまいますが、研究によって作られた問題は本番さながらで実践力が身に付きます。

司法試験予備試験の論文はどんな問題が出題される?

司法試験予備試験は、法科大学院を卒業せずとも合格すれば司法試験の受験資格を得る事が出来る国家試験となっています。試験内容は論文式・口述式・短答式の3段階に分けて行われ、短答式試験に合格した者のみが次の論文式試験に進むことが出来ます。

論文式試験は憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法の7科目に民事及び刑事に関する実務基礎、並びに一般教養を加えた計10科目で出題されます。配点は各問題ごとに50点、合計500点満点となっています。

出題形式は科目ごとに若干異なりますが、おおむね共通するのはまず具体的な事例を読ませ、それに対する解釈を問うというものです。事例は比較的長文になることが多く、少ないものでも1000字程度、多いと2000字を超えることもあります。

問題の内容はオーソドックスな分野が多く、たとえば民法であれば虚偽表示・物上保証・請負などの事例について互いに争う当事者の主張を読ませたうえで、論点を整理しつつその妥当性を検討し、解答します。

刑法についても、事件の詳細を読みこんで法解釈や重要判例などに基づいた判断を下します。また、商法については大半が会社法からの出題となります。

司法試験予備試験に合格するにはどれくらいの勉強時間を確保すべき?

司法試験予備試験で合格するために大切なポイントの1つが、勉強時間を確保できるのかという点です。

試験対策の時間をしっかりと確保することで、合格に近づきやすくなります。1日3時間ずつの勉強でも、年間で1000時間確保することが可能です。

ですが多くの受験生は、5000時間以上中には10000時間勉強してきたという方もいます。出題範囲をカバーするだけで大変だからこそ、学習の進め方も合わせて学習時間について考えていくようにしましょう。

司法試験予備試験に合格するには1日何時間勉強したらいい?

壊れた砂時計

司法試験予備試験は毎年合格率が非常に低くなっており、難関試験の1つとされている事が特徴です。平成30年度の数字で確認しても、合格率は約4%しかありませんのでその難しさが伺えるでしょう。

司法試験予備試験の合格を目指すには独学で学習するという方法がありますが、この場合の勉強時間はどの程度かかるか知っておきましょう。合格するために要する一般的な勉強時間は、およそ「3500~8500時間」程度必要だとされています。

これはどの位の期間になるかと言いますと、1日に6時間学習したとしても3年位はかかってしまう計算です。

もちろん学習時間を増やしたり、効率的に覚えていく事で時間短縮にはなりますが、独学でスケジュール管理などをしっかり行なうのは中々難しいのではないでしょうか。

時間をかけて学習し、長い期間を使って合格する事を考える場合は問題ないのですが、できれば短期間で合格したいという方が多数でしょう。

そのような方は独学で習得するよりも、予備校や通信講座などを利用する事で、効率的に司法試験予備試験対策を行えます。

通学タイプやオンライン学習などがあり、ライフスタイルに合わせて利用ができるので、しっかりしたプランを建てる事が可能です。プロの指導力と効果的な教材で、独学と比較して勉強時間の短縮に繋がると言えます。

司法試験予備試験に合格するには勉強計画を立てるべき?

司法試験予備試験に合格するためには、しっかりと勉強計画を立てることが大切です。したがって司法試験予備試験の勉強を始める前に、勉強の計画を立てるようにしましょう。

勉強計画を立てる上でまず始めに確認しておくべきことは、自分のレベルがどれくらいなのかです。

自分のレベルを知らないと、勉強時間をどれくらい確保しておかなければならないかわからないので、自分のレベルを把握しておくことがポイントになります。

自分のレベルを把握して基礎的な部分がまだ足りないと感じたら、予備校の基礎講座を受けることも有効です。予備校の基礎講座では、合格する上で必要な基礎的な知識を効率よく学ぶことができるからです。

基礎的な部分の知識が十分にあるなら、過去問講座や過去問答練から受講するのもいいでしょう。

予備校は司法試験予備試験に合格するための豊富なノウハウがあるので、勉強計画を立てる上でのペースメーカー的役割を果たしてくれるのでおすすめです。

そして、これらの基礎講座や過去問講座、過去問答練は、10月までに終わらせておくのがポイントになります。

10月以降の4ヶ月間は、百選と旧司法試験の過去問をやる時間にしたいからです。このように試験日から逆算してしっかりと勉強計画を練ることが大切です。

司法試験予備試験の勉強はどの順番からしたらいい?

司法試験予備試験の勉強を行う場合は、まず民法に注力することが非常に重要で、また合格率を高めるための基本的な事項です。

その理由は、民法は非常に複雑な上、その項目数が多いために後回しにしてしまうと、全てを理解することができないまま、司法試験予備試験に臨むことになるからです。

民法は様々な領域に分かれており、さらにその条文が1,000条を超えているのが特徴で、それぞれ状況や環境により細かく分かれているため、その前提条件も含めて覚えなければなりません。

そのため十分に時間をかけて理解をしなければならず、前提条件を誤ると全く異なる意味となってしまうことも多いのです。

実際の試験問題でも前提条件を十分に読み取って回答をしなければならないため、単に暗記をするだけでなく内容を十分に理解した上で覚える必要があると言う問題があり、その勉強時間を十分に確保する必要があります。

一般的に司法試験の場合には憲法を先に勉強しようとする人が少なくありません。しかし憲法はその条文数も少なく、また内容も明確であるため比較的覚えやすいものです。

そのため憲法を覚えて安心してしまう人が多いのですが、司法試験予備試験を十分な状態で突破するためには、民法に注力することが不可欠です。

司法試験予備試験の勉強に詰まった時の対処法は?

その年の難易度によっても違いますが、合格率は5%低度とされる狭き門である司法試験予備試験は、しっかりと勉強時間を取っていないと合格は難しいと言えます。

その理由には、いわゆる座学の試験に加えて論文試験、さらにその2つに合格した後は口述式の試験という3段階の試験があり、さまざまな勉強法で学ばなければいけないということです。

それぞれに対しての勉強時間を用意し学習しなければならないということが難関とされる要因です。ただ、1日の内に多大な司法試験予備試験の勉強時間を取り勉強していると、どうしても詰まってしまったりすることもあるでしょう。

そんなときには無理をしないということが大事です。

選択試験はまだしも、対応力などが問われる論文試験や口述式試験の勉強などを無理しておこなっても知識として記憶はできても、それが自分のものとなり本試験で力を発揮できるかといえば必ずしもそうとは限りません。

限りある1日の中で勉強時間を確保するためには、どの勉強をどれだけ行うという計画立ても重要です。しっかりとその計画通りに学びを進めていくことが司法試験予備試験合格への近道です。

ただ、その計画に縛られすぎて、学ぶということよりも計画を消化することに重点がいかないように注意しましょう。

司法試験予備試験は通信講座で勉強すべき?おすすめ通信講座は何処?

司法試験予備試験を独学で勉強するのにおすすめの通信講座は、「LEC東京リーガルマインド」です。

LEC東京リーガルマインドの司法試験予備試験の通信講座はWwb方式になっており、音声で講義を受ける事が出来るのが特徴です。

難しい法律用語を音声で聞く事で、より効率よく暗記することが出来ます。独学の場合、勉強の進捗状態がわかりにくいものですがこの通信講座なら、学んだ内容をデータ保存しているのですぐに把握することも可能です。

司法試験予備試験は通信講座で合格出来る?

マーカーが引かれた教科書

司法試験予備試験の合格率は低く、難易度は極めて高い状態です。司法試験予備試験の出題範囲は幅広いため、勉強しなければならない範囲も当然広くなります。

短答式の出題範囲は、憲法・民法・刑法・民事訴訟法・商法・刑事訴訟法・行政法の7科目ですが、1科目だけでも膨大な勉強量と知識量が必要になります。

しかもこれらの出題範囲はあくまで法律基本科目であり、司法試験予備試験ではそれ以外に一般教養科目もあります。これは実際には大学受験レベルの英語、数学、国語、理科、社会が問われます。

このように試験範囲が広く、トータルの能力が問われる試験であるため、独学では難しいでしょう。そうなると専門学校に通って試験に臨むのが合格の近道となります。

ですが、仕事などが忙しくて通学する時間が確保できない方、費用もそんなにかけられないという方も多くいらっしゃるでしょう。そうした方々に最適な方法があります。それは通信講座です。

通信講座は自分の空き時間や隙間の時間を活用して勉強できるのでとても効率的です。通勤や通学時間を活用することもできます。

通信講座では試験の頻出箇所を効率的に学習させるなど、合格に的を絞ったカリキュラム設計がされているため、忙しい社会人でも十分に合格が見込めます。

司法試験予備試験のおすすめ通信講座は何処?

司法試験予備試験を受験する際に、生活に支障のない通信講座を使う人達は多くいます。通信講座にはいくつかの種類がありますので、どこに申し込めばよいのかは迷うところです。

比較をしているサイトもありますので、こういったものを使うことも有意義です。その際には、自分がどういったことに重点をおいて講座選びをするのかを考えます。

たとえば口コミや評判の良いところだと安心する人達は、口コミや評判が良いところを選びます。また受講料なども気になるところですが、こういった点で格安感のあるところもわかりやすく紹介されていますので、情報を参考に選ぶようにします。

何よりも合格することが目標ですので、合格実績が優れているところは魅力があります。こういったところは講師の質も高くなりますので、安心して受講する気持ちが向いてきます。これらを総合して考えて自分に向いたところを選ぶようにします。

口コミや評判、合格実績、講師の質、知名度がすべてハイレベルのところはTACという通信講座です。料金は安くないのですが、合格実績が高いことでコストパフォーマンスが優れています。

司法試験予備試験に合格するための通信講座では有名なところですのでおすすめできます。

司法試験予備試験の通信講座の費用は幾ら?

司法試験予備試験は、本格的な司法試験を受験する前段階に行われる試験です。これに合格することで、翌年の4月から5年間にかけて行われる司法試験を受験することができ、本格的に法曹界で働くことができるため重要な試験になります。

司法試験予備試験の勉強を行う上では独学や塾に通って勉強する方法がありますが、なかでも独学でも通信講座を受講して勉強する方法は人気です。

その理由には塾に通う上では費用の問題が存在し、本格的に通い続ける上では100万以上の費用がかかることも多いからとなります。

もっとも通信講座にも合格者をよく輩出している講座、答案練習に魅力のある講座、費用もそれほどかからない講座など種類も豊富に揃っています。

最近はパソコンの前のweb上で展開されるオンライン学習も定評があり、動画で講師を前にして直接的に学習できるような感じになっていることも多いです。

費用に関しても費用が安い場合には年間十数万円からなるところもあり、高くても年間五十万円前後の範囲に通信講座の費用が収まっているのが一般的になります。

つまり塾に通うよりも割安になる特徴があり、しかも独学で勉強を進めやすいように構成されていることも多いです。司法試験予備試験に独学で合格するためには、通信講座を利用することは理に適っている方法の一つとして注目されています。

司法試験予備試験の通信講座を選ぶメリット・デメリットは?

司法試験予備試験は弁護士になるための最初の関門です。法科大学院を修了できる能力を有することを示さなければなりません。司法試験の受験を可能にするため、万全の対策をして臨む必要があります。

そこでポイントになるのは、効率の良い勉強法を確立することです。通信講座には、効率が優れているというメリットがあります。自分の空いている時間を利用できるので、時間を有効活用しやすいといえるでしょう。

また専門学校に通う場合と比べて、料金が安く設定されているのが一般的です。したがって、金銭面に関して節約しやすいこともメリットとなっています。地理的な問題や資金の問題など、いろいろな事情で専門学校に通えない人もいるでしょう。

そのような人にとって通信講座は有力な選択肢となります。一方、メリットばかりでなくデメリットもあるので注意しましょう。それは自分のペースを確立する必要があることです。

メリットの裏返しともいえますが、勉強のタイミングを自由に決められるので、自分を律することが求められます。

また、最新の情報を得られない可能性があることを理解しておくことも大切です。教材が制作された時点の情報をもとに対策していくことになります。

予備試験と司法試験の違いとは何?難易度が高い試験はどっち?

勉強している人

予備試験と司法試験の大きな違いは出題趣旨と採点実績の有無で、予備試験の場合には問題を解いて論点を確認すれば良いのですが、司法試験の場合には出題趣旨と採点実績を理解する必要があるのでこの点は十分に注意した方が良いです。

また問題文の長さにも違いがあり予備試験ではA4用紙1枚から2枚ほどだった問題文が、司法試験の場合には多い時で10ページを超える時もあります。

このように難易度の高い試験ほど出題趣旨が複雑で問題文も長くなるので、この点に関しては予めよく確認しておくことが大切です。

司法試験予備試験と司法試験の違いは?

傾く天秤

法曹(検察官・裁判官・弁護士)の仕事に就くためにはまず司法試験に合格しなければならないことはよく知られていますが、法務省ではこの試験とは別に「司法試験予備試験」と呼ばれるものも行われます。

2つの試験は、まず位置づけにおいて大きな違いがあります。司法試験は法曹を目指す者に必要な知識と応用力が備わっているかどうかを審査します。

合格者を司法修習生として採用するために行われるのに対し、予備試験は法科大学院修了者と同等の能力が備わっているかを判定し、合格者に司法試験の受験資格を与える試験です。

現行の制度では、本番の試験を受けるためには法科大学院の課程を修了することが原則となっていますが、やむを得ない理由があって法科大学院に入ることができなかった人で法曹への道をあきらめていない人のための措置として設けられているのが予備試験です。

出題形式はどちらの試験も同じであり、問題自体の難易度はさほど変わりません。しかし、先に述べた両試験の目的があり、集まる受験者の傾向は異なっています。

これは合格率の違いにもあらわれており、2018年度の最終合格率は本番の司法試験が29.1%なのに対し、予備試験は約3.9%と非常に低くなっています。

司法試験予備試験と司法試験はどちらが難易度が高い?

司法試験を受けるためには、法科大学院を修了すれば受験資格を得ることができますが、そうではない学部生にも受験資格が与えられるのが予備試験の目的です。

では、本番といえる司法試験と、予備試験では、どちらが難易度が高いのかというと、司法試験の合格者を見ていけばわかります。平成31年度について見ていくと、予備試験の合格率は3.9%しかありません。

一方で司法試験の合格率はどうかというと29.1%です。しかも、出身の法科大学院別に分けていくと、有名な法科大学院出身者を抑えて、予備試験合格者が最も合格者数が多いという結果が出ています。

これは単年度のことではなく、ほとんどの年度で予備試験合格者が最も多いです。この結果を見てみると、予備試験のほうが司法試験よりも難しいから合格率が高いということが言えます。

これは、試験の様式が似ているために予備試験の対策が、そのまま司法試験にも応用できるということや自分の好きな勉強法ができるといったことが理由として挙げられます。

もちろん、無条件で司法試験に合格しやすくなるというわけではありませんから、効率的な勉強ができるかが重要です。それを踏まえて、法科大学院に行くかどうかを考えたほうがいいでしょう。

司法試験予備試験と司法試験の合格率は?

法科大学院を修了した人たちと同等の学識を有しているかどうかを試験によって判別し、合格者には司法試験の受験資格を与えるために行われる国家試験である「司法試験予備試験」(通称、予備試験)の合格率は、4パーセントとなっています。

このような低い数字が導き出されるのはなぜかというと、予備試験では短答式試験、論文式試験、口述式試験のすべてに合格しなければ最終的な合格とされないからです。

3つ用意されている試験の中でもとくに短答式試験については、合格率は例年20パーセント程度となっており、参加者合計のうち8割の受験生がここで不合格とされてしまいます。次の段階である論文式試験においても、合格率はやはり例年20パーセント程度です。

最後に口述式試験の合格率に関しては例年95パーセントほどとなっているようなので、第二関門とも言える論文式試験まで何とか合格していくことさえできれば、ほぼ確実に合格できるという状態となります。

そして、これら全てのデータをまとめると、予備試験の最終合格率ははじめに述べた4パーセントとなるわけです。一方、司法試験の合格率は近年のデータで24パーセント前後で、合格者の多くが予備試験に合格している人たちであるというデータが出ています。

司法試験予備試験を受ける男女比はどれくらい?

司法試験は、弁護士や裁判官そして検察官などの職に就くことができるものとなっています。もちろんこれらの職は男性も女性もいますが、女性よりも男性の方が多くなってます。

それは、司法試験予備試験の最終合格者が男性の方が多くなっているからです。この司法試験予備試験を受ける男女比は、圧倒的に男性の方が多くなっています。

それに伴って合格率も男女比を考えますと男性の方が女性よりも4倍ほど高くなってます。2018年度の司法試験予備試験の最終合格者は男性が352人であり女性は81人となっています。比率で見てみますと、全者は81.29%後者が18.71%となってます。

最終合格者は全者の方が8割を占めていることはデータからも分かります。これは例年通りになっています。つまり、司法試験予備試験では受験者は圧倒的に男性の方が多くなっていて最終合格者もそれに伴って高くなっているわけです。

このデータから、男性の方が女性よりも司法試験予備試験には有利だと考える方もいらっしゃいますがそうではありません。

単純に受験者の数が女性よりも多いことから、必然的に男性の方が多くなっているに過ぎません。仮に司法試験予備試験の受験者が女性の方が多ければ、逆のことが言えます。

司法試験予備試験の短答の合格点はどのくらい?短答は通過しやすい?

司法試験予備試験の短答式試験は、マークシート方式でおこなわれます。

出題されるのは、憲法・民法・刑法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法・行政法の法律7科目と、一般教養を合わせた計8科目です。

法律7科目がそれぞれ30点、一般教養が60点で満点は270点です。合格点は160点から170点といわれ、おおむね6割程度正解できれば通過できることになります。

合格率は2割程度であり、司法試験の最初の関門として難易度の高い試験といえます。

司法試験予備試験の短答とはどんな問題?

悩む女性

司法試験予備試験は本番の司法試験とまったく同じ形式で、短答式試験と論文式試験から成ります。

このうち、しばしば短答と省略されることがある短答式試験は、弁護士や裁判官、検察官になるにあたって必要な知識を問う問題や、その知識をもとに推論を適切に行えるかどうかを問う問題によって構成されています。

短答という言葉を見ると、答案に語句や短い文章を書かなければならないようなイメージを持たれるところですが、問題はすべて多肢選択式のものであり、解答は試験官から配られるマークシートに記入します。

司法試験予備試験では、一般教養・憲法・行政法・民法・民事訴訟法・商法・刑事訴訟法・刑法の計8科目から出題されます。配点は問題ごとに異なっており、満点は一般教養科目のみ60点、その他は30点で合計では270点となっています。

一般的に多岐選択式の試験だと、毎回数名は満点をとる者がいるものですが、司法試験予備試験で満点が出たケースはありません。2018年度に実施された司法試験予備試験では合格者の最高得点が233点、平均は177.7点でした。

短答式試験は本番と同様に出題範囲が非常に広く、受験者は十分な時間を確保して勉強をしなければなりません。

司法試験予備試験の短答の合格点は?

司法試験予備試験の短答式試験は、8科目の教科を受験します。民法・民事訴訟法・商法・憲法・行政法・刑法・刑事訴訟法・一般教養の8科目です。

一般教養以外の法律科目は12問~15問ですべて30点の配点がされ、一般教養だけは42問中20問を選択して回答し60点の配点がされています。

司法試験予備試験は、160点~170の得点で合格している状況です。ここ数年は、合格点が下がってきており、160点付近で合格点が設定されています。合格者全体での平均点は170~180点ほどを得点しています。

司法試験予備試験の短答式試験の特徴は、一般教養科目の配点が大きいことにあります。法律科目は、1問2~3点であり稀に4点のものがあります。一方で、一般教養科目は1問3点の配点がされています。現役大学生や若い世代が受かりやすい制度設計です。

短答式試験は、一般教養科目が選択肢の数と同様の割合で1/5しか得点できないと12点となり、法律科目で各20点を計上しても152点にしかなりません。一方で、一般教養で42点以上とれれば、法律科目は20点を下回っても合格できます。

このように、160~170点の合格点を得点するためには、一般教養科目で確実に得点することが重要になります。

司法試験予備試験の短答は通過しやすい?

司法試験予備試験は、法科大学院修了程度の知識・能力が備わっているかどうかを見極める試験です。この予備試験に合格すると、法科大学院を卒業していなくても、司法試験の受験資格が得られます。弁護士になるための大きな関門の一つと言えます。

司法試験予備試験の難易度は非常に高く、合格率は概ね4%前後となっています。弁護士を志した多くの勉強量をこなした人が受験するにも関わらずこの合格率なので、その険しさは言うまでもありません。

司法試験予備試験は短答式試験、論文式試験、口述試験の3つの試験に分かれています。短答式試験はマークシート方式、論文式試験は記述式、口述試験は口答式の試験となっています。

しかし、3つの試験ごとの合格率を見てみると、少し現実的に見えてくるかもしれません。短答式試験は21から24パーセント程度の合格率で、4から5人に1人が合格するイメージです。

論文式試験は20パーセント前後の合格率で、短答式試験をクリアした人の5人から1人に絞り込まれる計算となります。口述試験は95パーセント前後の合格率で、論文式試験がクリアできれば大半がクリアできることになります。

短答式試験は論文式試験より通過しやすいですが、もちろんしっかり準備しないと侮れない試験と言えます。

司法試験予備試験の短答の勉強方法は?

司法試験予備試験の短答の勉強は、基本的に過去問を解くことで対応することが可能です。最低でも5年分の過去問は何周かしたうえで本番に臨むのがベストです。

全く同じというのが出ることはありませんが、焼き直しに近いような問題はちょくちょく出題されるので、解いておくことで本番で対応ができるようになります。

司法試験予備試験合格でメインに割くべきなのは論文対策なので、これは同時進行で空いている時間に行うのが良いでしょう。少しずつ解いていけば十分本番まで間に合います。

直前期になってからでは、余裕を持つことができないので早めに始めるのが良いです。司法試験予備試験の短答の講座などもありますが、短答が特に苦手というなら受けると良いです。

合格に必要な知識や頻出問題について学ぶことができるため、受講してきちんと復習していれば、合格に必要な点数を得ることができるようになります。

短答に合格しても論文に合格しなければ意味がないので、あまりこちらに力を入れ過ぎて論文対策をおろそかにしないようにしましょう。バランスよく対策をしていくことが重要です。

予備校の講座のパックには短答と論文の講座がセットになっているものもあるので、必要に応じて活用すると良いです。