other

裁判官が罷免される場合はどんな時?そもそも罷免とはどういう意味?

罷免の意味とは裁判官が仕事を出来なくなる制度で、一般の企業で言えば懲戒にあたりますが裁判所は三権分立によって守られているため、簡単に罷免されることは有りません。

罷免される場合は裁判官の個人的な犯罪が有った場合で、裁判中に被告人側から接待を受けたり、児童買春やストーカー等の公序良俗に反する行為が合った場合に訴追委員会が開かれそこで訴追することが決まれば、裁判官を裁判する弾劾裁判所を開くことになります。

弾劾裁判所の審理は国会議員14名によって行われ、罷免の有無や量刑が決められます。

裁判官の罷免とは?

法廷道具

裁判官は裁判を公平中立に行うために、憲法によって身分が保障されています。これは国民から国政を託される国会議員が、憲法によって身分を保障されているのと同様です。

しかし、国民の信頼を裏切るような行為をした裁判官は、処分やペナルティが科せられて、罷免される場合があります。裁判官が職務義務に違反したり、職務を甚だしく怠ったり、威信を失うような非行をした場合には、弾劾裁判によって罷免されることがあります。

弾劾裁判は、国民の代表として政党などから独立した衆議院と参議院の国会議員の14名で構成されています。

裁判の対象となるのは行為であって、判決などの判断の当否に対してではありません。審議に関与した者の3分の2以上が罷免に賛成すると、裁判官は罷免の判決を宣告されその身分を失います。

また、弾劾裁判以外にも国民審査という制度があり、最高裁判所裁判官を国民が審査します。国民が司法権に対して民主的に審査すると同時に、内閣に対しても裁判官の人事権の濫用を防止することが目的です。

審査は衆議院議員選挙投票日に同時に行われ、最高裁判所裁判官は任命後に初めて行われる衆議院議員選挙で国民の審査を受けます。

審査から10年を経過した者は再び、衆議院選挙の際に審査を受けることになります。投票用紙に記入された×の数が、有効票の過半数を超えた場合は罷免されます。

裁判官が罷免される場合とは?

裁判官が罷免される場合は一般の企業と同じように、著しく規律に違反したり、甚だしく職務が滞るなど大きな問題行動があった場合です。

過去に罷免されたケースは、事件の処理を怠らせて多くの事件を失効した案件、事件の関係者から便宜を図るようにものを渡され受け取った、児童買春、盗撮やストーカー行為などが挙げられます。

一般企業と異なるのは、裁判官は簡単に罷免されない仕組みになっている点です。法律と憲法に基づき、国民の権利を守るという重大な役割があることから、憲法で身分保障されているのです。

公正な裁判をおこなうためには、社会的、政治的な勢力などから圧力を受けるようなことがあってはなりません。また、行政機関による裁判官の処分の禁止、在任中の報酬減額の禁止などの保障があるのです。

裁判官を罷免するために設けられているのが弾劾裁判所です。裁判官を弾劾裁判所に告訴することができるのは、訴追委員会という機関だけです。罷免したい裁判官がいる場合、訴追委員会に訴追を請求できます。

調査や審議の結果、訴追委員会が罷免するべきであると判断した場合、弾劾裁判所に訴えます。罷免の判決を受けた裁判官はさまざまな資格を失い、退職金ももらえなくなるのです。

罷免された裁判官はどうなる?

裁判官は、国会議員と同様に憲法によって身分が保障されています。裁判を公平中立に行うためや、国民から国政を託されるためが主な理由ですが、国民の信頼を裏切るような行為をした裁判官は、罷免されることがあります。

職務の義務違反を行ったり、甚だしく職務を怠ったり、著しい非行をした裁判官に対しては、弾劾裁判は開かれて罷免かどうかの審議がされます。国民の代表として、政党などから独立した存在の14名の衆議院および参議院議員で構成されています。

裁判官の行為に対しての審議であり、判決など判断の当否に対して行うわけではありません。3分の2を超えた審議に関与した裁判員がいれば、罷免の判決がなされて裁判官は身分を失います。

罷免された後、再び復職することはできません。弁護士や検察官になることは、資格回復が弾劾裁判所に認められない限りできません。

なお、弾劾栽培以外にも衆議院議員選挙投票日に同時に行われる、最高裁判所裁判官の国民審査制度があります。投票用紙に記入された×が、有効票の過半数を超えると罷免されますが、今までに罷免された人はいません。

裁判官が罷免される場合は社会的地位を失うだけでなく、復職はもちろんのこと弁護士や検察官にもなることはできないので、非常に厳しいと言えます。

裁判官を罷免する弾劾裁判所とは?

弾弾劾裁判所とは、憲法64条1項に基づいて設置された機関で、国会議事堂近くの参議院第二別館の南棟9階に存在します。国会議員である衆議院議員や参議院議員各7人の14名で構成されていると考えて間違いありません。

また、罷免を求める裁判官訴追委員会も衆議院と参議院の国会議員で組成されていますが、国会議員で構成されることに関しては、憲法第15条第1項を受けたものといわれています。

公務員の職をやめさせることは国民固有の権利と定められており、国会議員は選挙で選ばれた国民の代表であるため、国会議員が裁判で裁判官の罷免を行うことになりました。訴追委員に関しては、検察官のような役割を果たします。

調査や審議を行い、罷免が相当と判断した際は訴追委員会のみが弾劾裁判所に裁判官を訴えることができますが、公正さを保つため裁判員と裁判官訴追委員に同時になることはできません。

裁判に関しては、罷免される場合は裁判官の身分を失い、検察官や弁護士になることも不可能となります。2013年4月に裁判が行われており、罷免判決が言い渡され史上7人目の罷免者となりました。

罷免の判決を受けた場合、判決の日から5年が経過し本人から請求があった場合は、資格回復の裁判を行う事が可能となります。回復してもよいと判断された場合は資格が回復します。

裁判官になるには年齢制限があるって本当?どの世代が活躍しやすい?

裁判官になれる年齢に制限は存在しません。しかし実際には、高齢になればなるほど任官は難しくなると言われています。

そのため、裁判官になるにはできるだけ早い段階でその道を志すのが良いでしょう。また、司法試験に合格してもすぐに裁判官になれるわけではなく1年間の司法修習が必要です。

そしてこの研修後、実務と一般教養科目からなる2回試験をパスして初めてそのチャンスが得られます。

ただし、ここで晴れて任官されても最初は未特例判事補となり、ここで4年間を実績を積んで特例判事補になれて初めて裁判官と認められることになります。つまり、実際に裁判官として活躍しやすい世代は40代以降が中心です。

裁判官になるには年齢制限がある?

法廷

裁判官になるには、まず司法試験を合格しなければならないです。この司法試験は裁判官だけでなく、弁護士と検察官になるためにも欠かせない試験となります。

この試験には年齢制限はなく、むしろ試験の成績における優秀さが裁判官になるには必須です。すなわち、裁判官になるには年齢制限の規定は設けられていないと言えます。

実際に裁判官の任用試験に50代の受験者がいるケースがあり、なおかつ学歴についても特にこだわっていないです。

もちろん法科大学院修了の有無など裁判官や弁護士といった司法試験に受験するための過程を踏まえているかどうか、それによって試験の内容が変わる事は事実です。

このあたりの事情は実のところ、年齢にもあります。裁判官にしろ検察官にしろ、定年があってそれを迎えれば退かなくてはならないです。

高等及び地方、そして家庭裁判所の裁判官の場合は65歳、最高裁判所と簡易裁判所の裁判官であれば70歳とされています。

つまるところ、年を取ってから裁判官になろうとしても定年を考慮しなければならないというわけです。

実際に試験を合格しても年齢のせいで採用されない事はある模様で、高齢化での採用が考えられるケースは家庭裁判所から簡易裁判所に移るようなケースが挙げられます。

裁判官として活躍できる世代は?

裁判官になるには、司法試験を受験し合格をすることから始まります。合格をしたら司法研修所で1年間の研修を受け、その後どこかの裁判所に応募をして合格をしたら裁判官として働くことが可能になります。

年齢的には、司法試験に合格できる年齢は人それぞれ違ってきますので、裁判官として働き始める年齢も多少開きが生じてきます。また司法研修所で上位の成績をおさめていないと、裁判官になることはできません。

裁判官になるには、難関の試験を何度かクリアをすることが必要になります。高等裁判所や地方裁判所、家庭裁判所の裁判官は65歳が定年で、簡易裁判所は70歳となっています。

これらの裁判所の任期は10年となっています。任期を満了した際は、ほとんどの場合が再任となります。最高裁判所の裁判官には任期というものがなく、10年ごとに国民審査がありますので、それに通れば活躍できます。

退官は70歳と決められていますので、その頃まで働き続けることが可能です。年齢的には長く働くことが可能な職業となっています。

裁判官にはいくつかの階級がありますので、階級に応じた年収や待遇を受けることができるようになります。難易度の高い試験に合格してからも、決められた年数を経て順序よく活躍できるようになっています。

裁判官になってすぐは裁判出来ない?

裁判官になるためには司法試験に合格しなければいけませんが、合格した後すぐに裁判ができるわけではありません。まず、司法試験に合格すると一年間は司法修習という実務を学ぶ期間があります。

司法修習は裁判官の他に検察官や弁護士を志望する場合にも行います。司法修習は、10ヶ月の実務修習とその後2ヶ月の集合修習があります。裁判官になるには、この司法修習の成績が上位でなければなりません。

さらに、司法修習を終えた後、国家試験である司法修習生考試を行うことになります。この司法修習生考試は司法修習生考試委員会により、筆記形式で行われます。

科目は、民事裁判や刑事裁判、検察や民事弁護、刑事弁護の5教科あり、1日かけて1教科行います。実際の記録を元にして作られた研修用の教材を題材として、事実を認定する上での問題や法律上の問題などを検討します。

以前は、試験委員による口頭試験の形式で、民事と刑事の2教科の試験が行われていましたが、現在は筆記試験のみになりました。

そして、司法修習生考試に合格すると修習は終了となり、最初の9年間は判事補を務め、10年経ってようやく裁判官になり裁判を行うことができるようなるのです。そのため、裁判官は年齢が高い傾向にあります。

裁判官は転勤がかなり多い?

裁判官になるには方法が3つあり、大学を卒業し法科大学院に進学して司法試験に合格・司法試験予備試験に合格し司法試験に合格・司法試験に合格し弁護士として経験を積み裁判官になるです。

裁判官になるには年齢の制限はあるのかというと、それは無いのですが現実は高齢になればなるほど裁判官に任官されるのは難しいと言えます。

司法試験に合格後1年間の研修を受けて2回の試験に合格して、それから4年間の実績を積んでようやく裁判官と認められるのです。最高裁判所では70歳、高等裁判所や地方裁判所では65歳・簡易裁判所では70歳が定年の年齢になっています。

裁判官は全国にある50ヶ所の地方裁判所や438ヶ所の簡易裁判所に勤務するようになりますが、新人時代に2年程度の地方裁判所に勤務しそれ以降になると3年~5年位の期間で転勤をするようになるのが一般的です。

しかし近年は女性裁判官も増えており家庭を持つ女性裁判官や、子どもを育てている人に対しては家族が離れて暮らすことがないように勤務地が考慮されるようにもなっています。

転勤を命じられた場合でも家庭の事情などにより転勤を断ることも認められている権利なので、それを断ったとしても不利益にならないようになっているのです。

高卒で裁判官になるにはどんな方法がある?高卒だと出世は厳しい?

裁判官のイラスト

高卒で裁判官になるには、先ず裁判所職員採用試験を受けて合格して裁判所職員になる必要があります。

その後に出世する方法は裁判所職員総合研修所入所試験を受けて合格し、裁判所職員総合研修所で必要な知識を学んでスキルアップしてから、裁判所書記官になる方法です。

そして更に試験を受けて合格する事で、簡易裁判所の裁判官に出世する事が可能です。

基本的に出世のステップに学歴は余り関係してこないので、高卒でも試験を突破していければ、其処まで厳しいハードルではありません。

高卒で裁判官になる方法はある?

裁判官のイラスト

高卒で裁判官になる方法はあります。とても難しいことであるのは事実ですが、不可能ではありません。では、どのようにして裁判官になるのでしょうか?まず、裁判官になるには司法試験に合格することが絶対条件です。

この、司法試験を受験するためには法科大学院の課程を修了しないといけないのですが、もう一つの方法として、司法試験予備試験に合格することが出来れば、法科大学院を卒業せずとも、司法試験の受験資格を得ることが出来ます。

そして、司法試験に合格すれば裁判官になることは出来るのです。予備試験の受験者数はおよそ11000人で、そのほとんどが大学在籍中か大学を卒業している人です。

その中でもこの司法試験予備試験の合格率は、およそ4%程度です。そのため、高卒の人が合格するのは、かなり難易度が高いことは間違いないでしょう。

司法試験予備試験の合格率は上がってきているのが現状ですが難しいことに変わりはなく、国家の秩序を守るための司法の専門家のための資格ですから、簡単であるはずはないのです。

さらに、独学では論文式試験の対策はかなり困難であると言わざるを得ません。このように高卒であっても、裁判官になることは不可能ではないのですが、かなり難しいことです。

大卒で裁判官になった方が簡単?

裁判官になるには弁護士や検事等と同じく司法試験に合格しなければなりませんが、司法試験の受験資格を獲得するには法科大学院を卒業するか予備試験に合格するか2種類あります。

法科大学院を卒業することが出来れば司法試験を受けることが出来るので楽なのですが、法科大学院に入るには大学を卒業するのが前提条件となります。

大学を卒業した後に法科大学院に2年又は3年通い卒業試験もあるのでけっこう時間がかかりますが、もう1つの方法である予備試験であれば高卒でも受けることが出来るので今とても注目されています。

予備試験は高校を卒業した後直ぐに受験することが出来るので金銭的な負担をかけずに済むのですが、その代わり問題はとても難しいです。

もちろん大学でしっかりと法律の勉強をした後に、法科大学院に入らず予備試験を受けて司法試験の受験資格を獲得すると言う方法もあります。

高校では法律に関して専門的な知識を学ぶと言うことは殆どないので、大学で法律に関する基礎的な知識を学んだ後に予備試験をはじめると言うのも一つの方法です。

ただどのような方法が一番簡単であるかは一概に言うことは出来ないので、裁判官になるにはどのような道を歩むのが良いかよく考えた上で行動に移した方が良いです。

高卒の裁判官は出世が厳しい?

裁判官は一般的には大学の法学部を卒業し、司法試験を受けて合格した上でなっている人が少なくありません。

そのため、高卒で裁判官になるためには様々な難関を突破し、法科大学校と言う専門の学校を卒業しなければならないと言う条件がつくため、非常に狭き門となっているのです。

裁判官になるには基本的に大学の法学部を卒業した方が比較的スムーズになることができ、そうでなければ非常に多くの勉強を行い、難関を突破した上でならなければならないと言う状況となっています。

しかし、実際に裁判官になってしまった後は、基本的には実績で評価されることが多いため、しっかりと仕事をこなしていけば決して大卒に比べて出世が難しいと言えるほどではありません。

裁判官の中では圧倒的に大卒が多いため、高卒で出世をしている人は非常に少ない印象があるため総合的な比率としては非常に低いのですが、高卒と大卒の割合を考えた場合には独自の割合で行けば決して少ない数字では無いのです。

さらに高卒とは言っても法律の勉強を十分に行った上で、法科大学校の受験を行い合格している学力を持っているので、実際には大卒に比べて学力が劣っていると評価される事はありません。

また法科大学校を卒業している時点で高卒ではなく大卒として評価されるため、出世に関して難しいと言う状況となる事はほとんどないのです。

裁判官に向いている人とは?

裁判官に向いている人は、客観的に物事が見られる性格の持ち主です。裁判とは感情に左右されてはいけない仕事です。提出された証拠や証人の意見などに客観的に耳を傾けて、丁寧に審議を進めるなければいけません。

さらに洞察力も必要であり、提出される証拠や証人の意見の中には証拠能力が低いものがしばしば入り込みます。ファクトに基づいた冷静沈着な分析が裁判官には求められます。

テレビドラマでは裁判官の方が被告人の境遇や裁判途中の姿勢を見て、いわゆる温情に基づいた判決を私的に下す事がありますが、リアルではまずあり得ない事です。たとえ温情だったとしても、裁判官が恣意的に罪の重さを左右するのはいけない事だからです。

裁判官になるには専門のキャリアを、積まなければいけません。いわゆる高卒でも法律家の世界に入る事は出来ます。ただ現実問題として近年、裁判官になるためには大卒や大学院卒であった方が優位です。

特に出世のスピードを良くしたい若者は法律関連に強い高校や大学に進学するのが良いでしょう。高卒の時点で大まかなキャリアを決めておけば、スムーズに裁判官を目指せるコースに入れます。法律関連の大学に、高卒後は進学すれば自ずと知識と経験が体得出来ます。

裁判官のイラスト

裁判官の年収は年齢で全然違う?40歳の平均年収は一体幾ら?

裁判で最終的な判決を下す裁判官は、重要な仕事であることからもその年収は、軽軽年数によって異なり600~1000万程度とかなり高めだと言えます。

20代の平均が520~620万円で、50代で900~1100万と年齢によって異なり年齢が上がるにつれて年収もアップします。

ですが、60代では650~1000万となり、50代が一番高いようです。40歳の平均年収は800~900万円とされ、一般的なサラリーマンより高いのが特徴です。

40歳の裁判官の平均年収は幾ら?

裁判官たち

世の中を正しく判断していくためには裁判制度は必要です。ですので、社会のために奉仕しようと決意して、裁判官になる人もいるでしょう。

しかし、そんな人達でも人間ですので、それなりの歳になれば結婚をしたり、子供が出来たりして、家庭を持つことにもなるかもしれません。家庭を持てば、生活に結構な出費も必要ですので、さすがに無報酬では働けません。

そこで、裁判官になった場合の年収も気になるところです。一番働き盛りの時期で、かつ私用でも何かと費用もかかってくる40歳ぐらいだと、いくら貰えるのでしょうか?

裁判官の40歳ぐらいの年収はおおむね800から900万円程度と考えられています。一般の同世代の所得と比較すると倍近く高い金額だといえます。非常に給与の高い仕事になりますので、少なくともお金に関して困る心配はなさそうです。

ちなみに裁判官の平均年収は920万円程度になり、それなりのキャリアになれば1千万円どころか2千万円を越えるポストもあります。また男性の平均年収は1千万円を越えています。

公務員ですので仕事は安定しており、かつ非常に高給になりますので、将来この仕事をしたいと考える人はいるのは当然だとも言えます。

50歳の裁判官の年収は幾ら?

裁判官の平均年収は「928万円」となっていますが、50歳の裁判官では階級や役職などによって違いもありますが平均的には「1113万円」といわれています。

定年を迎えるまでに10年ほどの期間があり、知識、スキルや経験も豊富で高い地位についている人が多いので、このような結果となっているのでしょう。

年代別に見ても、一番年収の高い時期となっていて、裁判官の中でもトップの役職である「最高裁判所裁判官」になると年収は「3280万円」で公務員の中においても高い給与を誇っています。

初任給は、月額で22万7000円なので年収は「363」万円ほどしかないので若いうちは少ない給与や年収だと感じがちですが、裁判官は年齢や経験を重ねるにつれて一般的なサラリーマンに比べて高収入となってきます。

生涯年収も高い仕事であり、社会で起こる様々な事件や問題をも扱うこととなるやりがいのある仕事の一つですので憧れる人も多くいますが、裁判官になるためには国家試験の中でも難しいとされている「司法試験」に合格する必要があります。

司法試験の受験資格には法科大学院を修了しているもの、司法試験予備試験の合格者であるものに限定されているのでその点に注意して司法試験に臨むこととしましょう。

裁判官の定年は何歳?

裁判官の定年制度を知らないという方は多いですが、裁判所法50条には実際に「最高裁判所の裁判官は、年齢70年、高等裁判所、地方裁判所又は家庭裁判所の裁判官は、年齢65年、簡易裁判所の裁判官は、年齢70年に達した時に退官する」と決められています。

そのため原則は65歳まで、最高裁判所と簡易裁判所に関しては70歳までつとめることが可能です。

最高三番所の裁判官は、基本的に優秀な裁判官である調査官に必要な判例や学説といった調査を依頼したり、起案を依頼することが可能なので、ある程度の年齢でもつとまる職業だといわれています。

ただ非常に激務な職業なことから、任官中に病死してしまうという方も少なくありません。

簡易裁判所の判事の場合は民事と家事のみを扱っているため、比較的軽い事件のみを扱い、難しい事件は地方裁判所に移送することで自分は簡単な事件のみを多数こなすことになるので、定年である70歳まで仕事を続けることは十分可能だといわれています。

この仕事の平均年収は928万円で、平均年収推移は915~927万円となります。所属している場所や、年齢によって年収は異なり一番高い最高裁裁判所裁判官で3200~3280万円が年収として支払われています。

裁判官の退職金は幾ら?

裁判官の年収は法律で定められていて、裁判官の報酬等に関する法律に具体的な金額が記されています。判事補の12号から1号までと、判事の8号から1号の階級があります。

最も低いものは12号の判事補で簡易裁判所の17号に相当し、22万7千円の月額給与で年収はおよそ363万円とされています。判事1号より上位には最高裁判所裁長官があり、給与は月に119万8千円でおよそ1916万円の年収です。

さらに上位には東京最高裁判所裁長官がいて、月額205万円で年収で3280万円となっています。総合的には、裁判官の平均年収はおよそ928万円であり、最高裁判所の裁判官では約3200万円が平均です。

退職金は、10年勤務した後に依頼退官した場合でおよそ485万円で、18年以上の勤務であれば約1561万円の退職金を受け取ることができます。

65歳で定年退職した東京高等裁判所の部総括判事の場合は、退職手当として約6400万円が支給されます。最高裁長官と最高裁判事の15人で構成されている最高裁判所では、長官の年収が4000万円ほどです。

判事補の12号から1号と判事の8号から1号までの階級が設けられていて、一年に1号ずつ階級が上がるので、20年目までは同期の給与は全て同じであり、その後どのポストに就くかで金額が変わってきます。

裁判官の年収は年齢で全然違う?30歳の平均年収は一体幾ら?

裁判官の年収は年齢によって大きな違いがあるのでこの点に関してはよく注意する必要がありますが、例えば30歳の平均年収は約611万円でありこれが40代となると1070万円にもなります。

その後年齢を重ねる度に給与の額は増えて行きますが、一般の会社員と比べてかなり高額なのでこの額を聞いて驚く人も沢山います。

ただその他にも地域手当を受け取ることもありますし年度によって年収は多少異なるので、この点に関しては十分に注意が必要です。

30歳の裁判官の平均年収は幾ら?

裁判官のイラスト

30代の裁判官の平均年収はおおむね720万円程度となっています。これは同年代の弁護士や司法書士等と比べると比較的低い数字となっているのが実態です。その理由は裁判官が公務員であると言う点にあります。

公務員は社会貢献を行うことが第一の目的とされているため、裁判官はその立場で公明正大な社会を維持するために活動を行う立場として認知されており、非常に高い知識を持っている特殊な存在です。

そのため一般の公務員に比べその年収は高めに設定されていると考えられますが、自らの利益を追求することなく、世界のために貢献することが求められています。

そのための収入の保証がなされていると言う状況の中では、一般的な業務と立場の水準に照らして妥当であると言う金額が設定されているのです。

これが40代、50代となると他の公務員の給料も上昇していくのに伴い、裁判官の年収も上昇することから、一般的な水準として認められるものとなっています。

単純に様々な世の中の年収の水準から見ると、決して高い水準ではありませんが、安定している職業であることや、高い知識を持って業務に臨んでいる点などを鑑みると、業務の内容にかなったものであると考えられるものとなっているのです。

裁判官にも階級はある?

裁判官にも階級は存在し、年収も職位によって差分が発生します。裁判官には最高位に「最高裁長官」があり、次に「最高裁判事」「高裁長官」と続いています。

この下は判事と呼ばれており、「判事」「判事補」「簡裁判事」という役職が存在します。合計で6種類の位があるのです。裁判官として任命されてから10年は判事として経験を積む必要があり、その間は「判事補」として扱われます。

「判事補」は裁判長になることは出来ず、単独で審理を行うことは出来ません。裁判官の年収については、「裁判官の報酬等に関する法律」という法律によって定められており、具体的な金額までもが決められているのです。

裁判官の年収は判事補の12号から存在し、1号まで続きます。判事1号からその上は「最高裁判所長官」いわゆる「高裁長官」となり、年収も約1900万円以上の高額な給与を手にすることが可能です。

キャリアアップを狙う場合、最高位の「最高裁裁判所長官」となると年収が約3000万円以上となります。昇給していくためには、長く判事補として経験を積み、高等裁判所からの任命や指名を受ける必要があります。

長官ともなると、内閣の指名が必要となり天皇による任命となります。

一番偉い裁判官の階級は年収幾ら?

裁判官は司法試験を受けて合格した後に、採用試験を通過する必要性があるので、数多く存在する資格の中でもトップクラスの狭き門です。最初は誰しも判事補12号から始まり、1年が経過する度に11号から1号へと格上げされます。

その後は判事8号から1年ごとに1号まで格上げされ、一番偉いとされる裁判官になるまでには年月が必要です。概ね50歳以上になると最高裁裁判所裁判官、長官になることができ、この時点で一番偉い階級に該当しています。

年収は3,200万円~3,280万円程度の範囲になるので、かなりの高給に設定されていることが分かります。裁判官全体の年収ベースでは、男性の平均が約1,070万円、女性は770万円程度の年収になることから、最高裁裁判所裁判官の年収は平均値の約3倍です。

士業系の職業の中でも年収は十分に高額になるので、法学部に入り司法試験に合格し、採用試験を突破するという類まれな能力を身に付けることにはそれなりの報酬が与えられていることが分かります。

ただし、誰でも年月が経てば一番偉い裁判官になれるということではないので、人格を含む技能も必要とされています。約3,200万円もの年収を考えた場合、公務員の中でも高い位置にあると判断することができます。

困り事や悩み事、事件などに遭遇してしまった方々の最後の頼みの綱的な仕事であることは、裁判官にとって最高のやりがいといっても過言ではありません。

出世する裁判官と出世しない裁判官の違いは?

世の中には出世する人とどうしても出世できない人というふた通りの種類の人間がいますが、それは普通の企業内のみならず人を裁く裁判官たちにも同じことが言えます。

うまいこと出世街道を突き進むことができればそれに伴い年収もどんどん上がっていくので裕福な暮らしができますが、出世できなければ一生同じ金額で働かなければいけなくなりますから、誰でも出世の夢を叶えたいと思って当然です。

裁判官においては、ずばり取り扱ったり事件の件数の数が多く、なおかつ上の言うことをよく聞くことが挙げられます。逆にこれをしない人はどんなに誠意を尽くしても出世はなかなかできません。

裁判官の世界は非常にシビアで、2日に1件のペースで事件を解決していくことが理想的とされています。しかしこれは簡単なことではありません。ですから、仕事の質重視というよりはテキパキと仕事を捌ける能力のある人が優遇されます。

また裁判官には結構な頻度で地方への転勤があり、これを受け入れないとどんなに頑張って仕事をしていたとしても正しく評価をされません。

転勤を一度断れば出世ができなくなってしまうと噂されるほどですから、出世する裁判官というのは、将来の年収のために上から言い渡された転勤の話を全て快く引き受けているのでしょう。

司法試験予備試験の科目は法律関係だけだから法律を覚えたら受かる?

本とかなづち

司法試験予備試験は科目に分かれており、法律を覚えるだけでは合格する事が難しい試験です。

まず短答式試験があり、憲法や民法などとともに一般教養も問われる選択式の試験となっています。この短答試験に合格すると次は論文式試験となり、記述形式の試験を受験する事になります。

非常に重要なポイントになるのがこの論文式試験で、10科目という問題数も難関となり勉強量も多く必要となるでしょう。最後に口述式試験があり、試験官に対して問題を答えていくという物になっています。

司法試験予備試験は法律さえ覚えたら合格出来る?

綺麗に並んだ本

司法試験予備試験は経済的な理由などで法科大学院に通う事が難しい人を救済するための制度です。合格すると法科大学院修了者と同等の知識を有すると認められ、司法試験受験資格を得られます。

ただし予備試験合格後5年以内に本試験を受験しなければなりません。現時点で学歴や年齢といった制限はなく、受験料を支払えば誰でも受験する事が出来る試験です。合格率は3%前後と非常に狭き門です。過去には高校3年生や大学1年生も合格しています。

司法試験予備試験の科目には一般教養も含まれています。なので、法律さえ覚えたら合格できるとはいえません。司法試験予備試験短答式では科目別の足切りはないので、仮に一般教養がゼロ点でも法律科目でそれを補ってトータルで合格点に達すれば合格できます。

そういう意味では法律だけでも合格は可能です。法律科目だけでも合格ラインをクリアできるようになっておくのが理想です。予備試験は短答式・論述式・口述の3回に分かれており、この3つすべてに合格しなければなりません。

論文式試験でも一般教養が出ますが、こちらは知識が問われないので過去問で論述の書き方を確認しておけば十分です。結論として、基本的には法律さえ覚えたら合格できるということになります。

司法試験予備試験の科目は何科目ある?

司法試験予備試験は、法科大学院制度が導入された際に、時間や費用の都合で法曹資格を取得の道が閉ざされないようにするために、法科大学院卒業の資格を付与するためにできた試験制度です。

司法試験予備試験の実施につきましては、5月と7月に筆記試験があります。5月には短答式の試験が実施され、7月には論文試験が行われています。

受験者の年代は、20代の現役大学生の方から60歳を超える年齢の方までさまざまです。受験者数は多く大変人気のある試験制度となっています。

5月に実施される短答式試験は1日で実施されます。科目は8科目あり、4つの時間割で実施されます。区分は、民法・民事訴訟法・商法、憲法と行政法、刑法・刑事訴訟法、一般教養に分かれて試験が行われています。

配点に関しては、一般教養は60点、その他は30点が付与されています。7月には論文試験が実施されます。論文の試験は、1科目増えたうえに2日間に渡る試験です。

憲法と行政法のほか刑法・刑事訴訟法、一般教養が1日目に、1科目追加となる法律実務基礎科目のほか民法・民事訴訟法・商法が2日目に実施されます。司法試験予備試験は、短答式8科目で論文9科目の幅広い知識が問われる試験制度です。

司法試験予備試験の科目のそれぞれの合格ラインは?

裁判官、検察官又は弁護士になりたいと思う人が合格しなければならない試験が司法試験です。しかしこの司法試験は日本一難易度が高いと言われるほど難しいのです。

当初は法科大学院修了者のみを受験対象としていましたが、制度変更により法科大学院に進めない事情のある人でも受験できるようになりました。それが予備試験制度です。

試験内容は短答式・論文式・口述式の3段階となっています。短答式は行政法・憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法・一般教養の8科目からなります。

論文式は憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法、一般教養(社会科学・人文化学・自然科学)、法律実務基礎科目(民事・刑事)、民法・商法・民事訴訟法です。口述式はいわゆる面接試験です。

面接といってもその内容は法律実務基礎科目の民事と刑事であり、弁論能力をテストされるのです。それぞれの合計ラインですが、まず短答式は160点以上です。これは全体の6割となっており足切りの制度は設けられていません。

次に、論文式ですが500点満点のうち240点以上が合格ラインです。最後に、口述式ですが57点以上が合格点です。このように、司法試験予備試験は科目が多く合格率も高くないため非常に難関な試験と言えます。

司法試験予備試験の科目は1科目でも合格ラインに達しないと不合格?

司法試験予備試験は短答式で回答する試験形式であり、法律的な知識と一般教養が問われる問題から構成されています。

法律系7科目と一般教養系4科目で構成される司法試験予備試験は、平均的に6割以上の得点を得ることが合格には必要になっていくものです。

司法試験に合格するには法律系の学部や法科大学院に通う必要がありますが、個人的な事情や経済的な問題により、法律系の学校に通えない方も少なからずいるのも実情でしょう。

司法試験予備試験を受けることで、何かしらの事情により法律系の学校に通うことが難しい方であっても司法試験を受験する道が開かれていきます。

法律の基礎知識と一緒に一般教養系の分野に至るまで幅広い問題が出題される司法試験予備試験ですが、大学の一般教養程度の学習を行っていけば無理なく解くことは可能です。

全体的に6割以上の正解率を誇っていれば無理なく司法試験予備試験は突破することができるようになります。

法律系の学習を進めるにあたり、一般教養の学習は不要と考える方も多かったりするものですが、司法に関わる身でありますから、最低限の教養を身につけておくことは重要な要素にもなっていきます。

1科目が合格ラインに達していなくても総じて平均に達していれば合格は可能です。落ち着いて試験対策を進めていきましょう。

司法試験予備試験を受けるには受験資格があった?受験資格の内容は?

司法試験の受験資格の1つが、司法試験予備試験に合格するというものです。法科に関わる司法試験への挑戦権を得られるものなので、司法試験予備試験にも受験資格があると思っている方も多く見られます。

ですが受験するだけであれば、年齢制限や大学などの学歴が求められることはありません。その証拠に、過去には高校生が司法試験予備試験に合格したこともあります。

もちろん高校生が簡単に合格できる内容の試験ではないので、その点を理解したうえで対策を立てるようにしましょう。

司法試験予備試験は受験資格がある?

1人だけ仲間外れ

弁護士や裁判官、検察官などの法律家となるためには、司法試験に合格しないとなることができません。そして現在、この司法試験を受けるには2つの方法があります。

1つは法科大学院を修了して受験する方法、もう1つは司法試験予備試験にパスして受験資格を得るというものです。つまり、司法試験予備試験に合格すれば法科大学院を修了したと同等の学力、知識を持ち合わせていると判断されるということになります。

これは2011年から実施されている制度で、事情があり法科大学院への進学がかなわない人にも機会を与えることが目的です。では、この司法試験予備試験を受験するための条件とはどのようなものなのでしょうか?

実は、現在の段階で予備試験の受験に関する条件というものは一切設けられていません。年齢も学歴も関係なく、だれでも受験をすることが可能となっています。

ただし、予備試験そのものは3段階の科目に分かれており、まず短答式の筆記試験が行われ、この合格者のみが次の論文式による筆記試験に進むことができます。

さらに、論文式試験の合格者が最後の口述試験を受けることができるという内容で、受験資格は不問であってもその難易度は非常に高いものであると言えます。

司法試験予備試験の受験資格はどんな内容?

司法試験予備試験とは毎年5月から10月にかけて、法科大学院の修了程度の知識や能力があるかを判定するために行われる試験です。予備試験に合格することで、法科大学院を卒業していなくても司法試験の受験資格を得られます。

法科大学院には通っていないけれど司法試験を受けたいという方は、まず司法試験予備試験に合格する必要があります。

法科大学院に通う場合、原則的に大学を卒業していなければならず卒業までには2年以上かかるため、司法試験予備試験と比べて司法試験の受験資格を得るまでには時間と経済的な負担がかかってしまいます。

では、司法試験予備試験を受けるための受験資格はあるのでしょうか。実は司法試験予備試験には現時点で受験資格や受験期限がありません。受験料さえ払えば学生や社会人でも受験することができるので、司法試験を目指すのに挑戦しやすい試験といえます。

司法試験予備試験は、法科大学院修了者と同様の法律実務の素養や応用能力を判定するための国家試験ですので、合格すれば司法試験の受験資格が与えられますが1つだけ注意点があります。

司法試験を受験できるのは、合格した翌年から5年間のみとなっていますので気を付けましょう。

司法試験予備試験は何日間実施される?

司法試験合格を最短で目指すために有効なのが、司法試験予備試験の受験です。法科大学院に進学するケースと異なり受験資格がないのもメリットです。

つまり予備試験および司法試験に合格する能力さえあれば、学歴や職歴にかかわらず法曹の仕事に就くチャンスがあります。試験は短答式と論文式加えて口述試験がそれぞれ別の日に年1回実施されます。

日程は一般的に短答式が5月の第3日曜日に、論文式が7月の第3日曜日と月曜日に、そして口述試験は10月の第4土曜日と日曜日です。

論文式試験に合格して初めて口述試験に進みますから最長で5日間、短答で諦めると1日論文式まで受験すれば3日間です。

試験日だけで判断すれば長くはありませんが、各形式の試験は数ヶ月ずつ間を置いているので、学習の継続やモチベーションの維持など対策は重要でしょう。

もうひとつ予備試験で注意が必要なのが、一部免除の制度がない点です。つまり規定の日程はどの受験者に対しても平等です。そして、いずれかの形式で合格基準をクリアできなければ、翌年再度すべての形式を受験しなければなりません。

司法試験予備試験は受験資格を得るための試験ですから、仕方ないのでしょう。それだけ厳しい条件ですが、司法試験合格率は法科大学院卒業生より高いとのデータがあり、合格するだけのメリットはあります。

司法試験予備試験の受験料は幾ら?

司法試験予備試験を受験するにあたり気になるのがその受験資格です。この試験には基本的に受験資格および受験期間に制限はなく、誰でも試験自体は受験できます。

それが分かったところで次に気になる点に受験料という点がある人もいるのではないでしょうか?司法試験予備試験の受験には、17,500円分の収入印紙を購入し、それを指定の書類に貼り付けて支払いをおこないます。

注意して欲しいのがその収入印紙や郵送料の他に、試験会場まで行く交通費というものがあります。

というのも、この司法試験予備試験が行われる会場は、第一段階の短答式試験の場合は東京や名古屋などの大都市圏や札幌、仙台などと言った政令指定都市、論文試験は札幌・東京・大阪・福岡の4カ所で行われます。

最後の口述試験は東京もしくはその周辺自治体の1カ所でのみで行われます。特に地方に在住の場合には3回の試験の際にかかる交通費が膨大なものになってしまう場合もあります。

また、そのような費用面などの問題だけではなく、試験の時期や会場によっては一般客なども多い時期と重なり、航空券などをとること自体にも苦労してしまう恐れもあります。そのような点に注意が必要で、ある程度の資金は持っておいたほうが良さそうです。

司法試験予備試験を受けるには回数制限がある?何回まで受験可能?

法科大学院課程修了日後の最初の4月1日から、または司法試験予備試験合格発表日後の最初の4月1日から5年間以内という年数・回数制限があります。

試験は年に1回のため最大5回までは可能です。5年を過ぎると受験資格は失われ、法科大学院課程修了で得た受験資格は無効になりますが、再度、受験資格を得ればまた受けられます。

つまり最初の5年の年数制限を超えても、もう一度法科大学院に入学してその過程を終了すればよいです。

1回目で司法試験予備試験に合格するのは無理?

たくさんの数字

本試験も非常に合格率が低いことで知られていますが、司法試験予備試験に関しても1回目の受験で合格するのは難しいと言われています。

ただし司法試験予備試験は本試験とは違い、受験回数に制限はありませんので年に1回しか受けられないとはいえ、司法試験予備試験そのものは何度でも受けていいのだと認識しておいて構いません。

本試験には回数制限がありますので、予備試験からの5年間の間に3回までしか受けられないことも合わせて覚えておくべきです。

司法試験予備試験は、試験にかかる費用さえ負担すれば年齢や性別に関係なく何度でも受けられるようになっていますので、たとえ1回では合格できそうにない段階の学力だとしても、現在の自身が何点を獲得できるかを試すことが容易に可能です。

以前司法試験予備試験に落ちたからといって、翌年度以降の試験点数や合格確率に影響が出ることはまずないものと捉えておいてください。司法試験予備試験に回数制限がまったくない理由が、1度の受験では合格が難しいという難関試験だからだとされています。

つまり一回で合格できないのが当たり前の試験だということなので、何年もかけて十分な準備を整えてから試験を受けるべきです。

司法試験予備試験は回数制限がある?

司法試験予備試験には回数制限はないので、落ちてしまっても何度でも挑戦が可能です。ただし、注意しなければならないのは司法試験予備試験は年に1回しか行われていないということです。

回数制限はないと言っても実質的に1年間に1回までと制限されているのと同じであるため、十分な準備もせずに合格するまで受け続けるのは効率的ではなく、いつまでも合格できない恐れもあります。

司法試験予備試験に合格できれば法科大学院を終了していなくても司法試験の受験資格を得られますが、そのために法科大学院修了程度の能力があるか確かめるものになるので簡単なものではありません。

しかし、司法試験予備試験の勉強はそのまま司法試験の対策にも繋がっているので有効なものです。法科大学院を終了するには莫大な費用や時間が必要であり、経済的な理由から諦めなければならない人もいたため、本来はそれを救済するための制度でした。

実際には最短で合格できれば法科大学院を終了するよりも2年早く実務に就くことも可能であり、実力のあるエリートが飛び級のように利用することもあります。

なお、司法試験予備試験に合格後は、その発表の後の4月1日から5年が経過するまでの間に司法試験を5回まで受験できる制限があります。

司法試験予備試験は何回まで受けられる?

司法試験予備試験は、2006年に法科大学院が設けられたことで設置された試験で2011年より実施され、旧司法試験と同じ試験内容になります。

司法試験予備試験の受験資格は、現時点では年齢・学歴などの制限を設けていなくて、受験料を支払うことで受験することが可能です。

受験する上で回数制限が存在するかについては、司法試験予備試験に関しては回数制限が存在しないため、何回でも受験を行うことができます。もっとも回数制限が存在するのは、本試験である司法試験の方です。

司法試験予備試験を受験してそれに合格すると来年の4月より司法試験を受けるチャンスが5回与えられ、その5回のうちで合格すれば、弁護士・裁判官・検察官といった法に携わる職業のいずれかになることができます。

もし5回の司法試験を受験して合格しなければ、また司法試験予備試験から始めることになり、それに合格することで再度、5回の司法試験を受験するチャンスを付与されます。

以上のように司法試験予備試験には回数制限が存在しないので、誰でも何度も受験を行うことができます。なお司法試験予備試験に合格するレベルであれば、本試験である司法試験も余程のことがない限り、不合格になることはない傾向が見られます。

初心者は大体何回目で司法試験予備試験に合格出来る?

司法試験予備試験を何回で合格するかは、はっきり言って人によって違います。すごい人は勉強を始めてから1年くらいで受かることもありますし、ずっと受け続けても合格はしないという人もいます。

ある意味センスもありますので、難解で受かるかという質問に対して明確な回答はできません。司法試験自体には回数制限があり、5年で5回までしか受験することはできません。

一方、司法試験予備試験の方は回数制限がないので、何回でも受けることができます。司法試験予備試験に合格すると司法試験受験資格を得ることができますが、法科大学院卒業全体の合格率より司法試験予備試験経由での合格率は高くなっています。

つまり、この試験に合格することができる日とは、本番でも合格できる可能性が高いということで、かなりレベルが高い層だということです。

そのため、司法試験予備試験に受かるのは簡単ではないので、受験資格を得るために何回も受験して失敗するくらいなら、法科大学院に入学したほうが近道になることも少なくありません。

自分一人でずっと受験して失敗している人は、何かしら勉強の仕方がおかしいです。それを修正するためには、予備校を活用するなどして自分のスタイルを変えていく必要があります。

司法試験予備試験の過去問は試験対策におすすめの対策法って本当?

横に積まれた本

司法試験予備試験の過去問は、試験対策におすすめの対策法です。特に独学で司法試験の予備試験を受験する場合は、あれこれ手を出さずに過去問を時間の許す限り解くようにしましょう。

狙われる分野など出題傾向など知らないと対策も非常に難しいです。法律は常に新しくかわっていきます。

判例なども覚えなければなりませんが、まずは基本的な出題傾向を把握するためにも過去問を繰り返し解くことです。自分の苦手分野の洗い出しにも最適な勉強方法だと言えます。

司法試験予備試験の試験対策は過去問がいい?

本棚

司法試験は非常に難易度が高いため十分な準備が必要です。そこで、その前に受ける予備試験の学習方法として、過去問を利用するのはどうでしょうか。過去問を見てみると過去にどの様な問題が出題されていたのかが分かります。

ですが、一般的に考えて、学校で行われる期末試験とは違い、二年間続けて同じ問題が出題されることはないので、過去問に出てきた問題が再度出題される可能性は非常に低いと言わざるをえません。

そう考えてみると、この問題を解いていくことには意味がないと考えてしまいそうですが、それは早計です。過去問を解くことの大きなメリットは試験の流れを確認することです。試験を受ける前に問題の出題形式を知っておけば、本番で戸惑うことが少なくなります。

問題の中身は違っても、一般的に形式まで大きく変わることはありませんので、事前に知っておけば安心できます。また、かなり過去まで探っていけば、一定間隔ごとに出てくる特定の問題があることもあります。

そうした毎年の傾向を知っておけば、事前に出そうな場所を集中的に勉強することも出来るでしょう。こうして対策をしておけば、何も準備していない人に比べるとかなり有利に挑むことが出来ますので、過去問を解いておくことが無難です。

司法試験予備試験の過去問は何年分やれば合格出来る?

司法試験の前の予備試験でもきちんとした勉強をしておくことは大切です。そこで試験対策として最も一般的な方法の一つである過去問に注目して考えて見ます。過去問を解くときに考えなければならないことは、何年分解けば良いのかということです。

司法試験のようなメジャーな試験だと、過去問を手に入れることは簡単です。こうした時に、やる気が高すぎる人だと、とにかく長期間かけて、古い問題から全てを解くという手段をしてしまうかもしれません。

しかし、とにかく長い期間分、学習すれば良いという話ではないです。古すぎる問題だと、今とは出題形式も大きく違いますので、あまり参考にはならない可能性が高いです。

こうした場所で時間を使い潰してしまうと、他のもっと時間を使うべき場所で使えなくなってしまいます。一般的には5年から10年分ぐらいを解いてみると良いです。そうすれば、どこが重要なポイントなのかの大まかな流れを掴むことができる様になるのです。

また、長い年数分解くよりも、反復して学習したほうが効果が高くなります。最近の出題傾向を繰り返し学習することで、しっかりと体に覚えさせた方が効果が高くなります。数年分の短い時間を集中的に学習して、高い学習効果を狙いましょう。

司法試験予備試験の合格におすすめの対策法は過去問以外だと何?

司法試験予備試験の過去問以外の対策法には何があるかというと、重要条文を徹底的に理解することです。予備試験では法曹の学識が問われることが多いですが、法曹の学識とは重要条文のことなのです。

したがってこの重要条文を完璧なまでに理解し使いこなせるようにすることが、論文対策につながります。

他にも答案構成をたくさんやることも予備試験の対策になります。答案構成とは、見出しや箇条書きなどによって書きたい内容を予めまとめておくことで、論文対策に役立てることができます。

答案構成を行う際には、本番と同じように答案を書くことがポイントです。本番同様に時間かけて答案構成を行えば、論点を理解しても上手く文章に書けない点や時間内に論文を書き上げる大変さを知ることができます。

さらに、法律的な表現方法を身につけることができたり、文字をたくさん書く上で必要な手や腕の筋力を鍛えることにもつながります。

最後に必要な対策は、予備試験を受けるのであれば当たり前に知っていなければならない知識をスラスラ答えられるようにすることです。

小学生の時に九九を勉強した時のように、スラスラと答えられるようになるまで何度でも勉強するようにしましょう。

司法試験予備試験で配点が高い科目は何?

司法試験予備試験というのは、司法試験を受けるための最初の登竜門となるものです。ですので、これをクリアしないことには本命の司法試験を受けることが出来ません。

ですので、司法の基礎を頭の中に叩き込んでこの関門を突破しないといけません。司法試験予備試験の科目は8つにあります。憲法・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法・商法・行政法・一般教養の8つです。

ここで多くの受験生が考えるのが、どの科目を中心的に勉強すれば合格できるのかというところだと思います。実は、一般教養を除くすべての科目の配点はすべて一緒となっているので、どの分野もしっかりと勉強しておかないと合格は難しくなるでしょう。

なお、一般教養に関しては他の科目よりも2倍の配点が振り分けられています。このように聞くと、一般教養を勉強したくなるところですが、この分野は非常に難易度が高いことで有名です。

特に、大学受験を経験して日が浅い人ほど有利になりますので、これで他の人達との点差を伸ばそうとするのは非常に難しいと言えるでしょう。司法試験予備試験の勉強で重要になるのは過去問を解いてみることです。

過去問を何度も解くことで傾向が見えてくるので、まずは過去問から取り掛かりましょう。

司法試験予備試験に最短で合格する方法は?どれくらいの日数が必要?

司法試験を受けるためには、法学部の大学院へ行く以外にも選択肢があります。その選択肢というのが、司法試験予備試験に合格するというものです。

ですが司法試験予備試験では、法学部大学院程度の知識量が求められます。合格する方法としては、最短でも1年以上の日数の勉強が必要だという点を意識しておきましょう。

通信講座などを活用することで、効率よく勉強を進めることにもつながります。自分に合った形で対策を立てて、最短で結果を残せるように工夫することが大切です。

司法試験予備試験に最短で合格する方法は?

並んだ時計

司法試験を受験するには法科大学院を修了する事が前提条件となっていますが、司法試験予備試験に合格する事でその過程を省く事が可能です。

大学院に通う時間などがない方でも司法試験にチャレンジする事が可能ですが、最短で合格するにはどのような方法を取れば良いのでしょうか。

司法試験予備試験はかなり難しい試験となっており、その合格率は約4%とも言われています。そのような難関試験に合格するには、学習スケジュールをしっかりプランニングする事が大事です。

基礎的な知識をしっかり習得しながら、論文力も身に付けていく事を同時進行で行なう事が必要です。多くの学習量が必要となる司法試験予備試験の対策ですので、インプットとアウトプットを効率的に進めていく事が有効な方法となっています。

学習方針や取り組み姿勢をきちんと確立させる事も、最短で合格するには効果的で時間の節約にも繋がるでしょう。独学の場合では、自分自身で計画を組みながら、モチベーションの維持も図る必要があります。

しかしこれらの計画や学習を独学で行なうには大変な部分も出てきます。難関試験を最短で合格を目指すには学習方法が大事ですので、予備校などに通うのも1つの方法でしょう。

通学する事によって計画性が高まり、プロの指導方法で短期間の知識習得にも有効的です。

司法試験予備試験に最短で合格するのに必要な日数は?

将来的に裁判官や検察官、弁護士になることを目指すのであれば、司法試験に合格しなければなりません。

そして、この司法試験を受験するために必要な受験資格は、法科大学院を卒業するか司法試験予備試験に合格することが必要になります。

司法試験予備試験は、経済的な理由などで法科大学院に通うことができない人のための救済措置として導入されもので、5月中旬に行われる短答式試験から始まり、7月中旬には論述式試験、10月末には口述試験が行われます。

そのため、最短で合格して司法試験を受けるためには160~170日程度の期間が必要になるのです。ですが、法科大学院を卒業するためには、大学の法学部に通ったうえで法科大学院で学ぶことが必要となるため最低でも7年はかかってしまいます。

つまり、最短で半年もあれば合格することが可能な司法試験予備試験は、時間も費用もかけずに司法試験を受験する資格を得ることができる方法でもあるのです。

そして、近年では司法試験に合格した人の割合を見てみると、法科大学院を卒業した人よりも司法試験予備試験に合格した人の方が多くなってきています。

そのため、多くの時間と費用を費やして法科大学院を卒業するよりも、司法試験予備試験に合格することを目指す人が増えてきているのです。

司法試験予備試験を最短で合格するなら独学?

司法試験予備試験は法科大学院に進学しないで経済的や時間的なことに縛られることなく、法律家として働くようになるために法科大学院修了と同じ位の知識や応用能力や法律に関しての実力があるかどうかを見極めます。

それに合格すると司法試験受験資格を得ることができるのです。司法試験予備試験に合格をして裁判官・検察官・弁護士を目指す時、どのような方法が最短で合格をすることができるのかということになります。

司法試験予備試験に臨む時の勉強法にはもちろん独学という方法もあり、それは何より経済的なことや働きながらや学校に通いながら目指す人にとっては自由に勉強時間を決められるという利点はあるのです。

最短で司法試験予備試験に合格をしたいと思い独学で勉強をしようとすると難題があり、法律というのはとても難しく専門用語や書いてある内容以外に含まれていることを読み取ったりすることが多くあります。

一般的な受験対策にあるような受験に特化したような教科書などが無いことも、独学で勉強するのが難しいと言われるところです。

中でも特に自分だけの勉強法で対応出来にくいのには論文式試験になり、これまでの判例や自分が持っている知識だけでは対応できない出来ないことが出てきます。

司法試験予備試験に最短で合格するためには独学ではなく、司法試験予備校を利用することがすすめられるのです。

司法試験予備試験を最短で合格するなら予備校?

事実上、司法試験予備試験を最短で合格するなら予備校を使うのがベストです。予備校の合格体験記等を見ればわかりますが、大学在学中に合格したという人や一発合格したという人は、結構予備校を利用していることがわかります。

もちろん、普通に独学で受かる人もいますが、それはよほど優秀な一握りの人だけです。司法試験予備試験で問われる知識を分析して、それに基づいて指導してくれる司法試験予備校を活用したほうが、絶対に最短合格に必要な知識を身に付けることができます。

ただし、予備校を使ったら誰でも最短で合格できるわけではなく、それを自分で活かすことができないと意味がありません。また、向き不向きもあるので、人によっては司法試験予備試験自体が向いていないという人がいます。

受験回数に制限がないのでだらだら受け続ける人もいますが、ずっとやっていても受からない人がいるので、向いていないと感じたら早めに撤退するのが良いでしょう。

受け続けている人は、もはや受かることがゴールになってしまって、合格後のことを考えていませんが、その後は司法試験にも受からなければなりません。たとえ受かってもそこはスタートにすぎないので、よく考えるべきでしょう。