司法試験予備試験は通信講座で勉強すべき?おすすめ通信講座は何処?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

司法試験予備試験を独学で勉強するのにおすすめの通信講座は、「LEC東京リーガルマインド」です。

LEC東京リーガルマインドの司法試験予備試験の通信講座はWwb方式になっており、音声で講義を受ける事が出来るのが特徴です。

難しい法律用語を音声で聞く事で、より効率よく暗記することが出来ます。独学の場合、勉強の進捗状態がわかりにくいものですがこの通信講座なら、学んだ内容をデータ保存しているのですぐに把握することも可能です。

司法試験予備試験は通信講座で合格出来る?

マーカーが引かれた教科書

司法試験予備試験の合格率は低く、難易度は極めて高い状態です。司法試験予備試験の出題範囲は幅広いため、勉強しなければならない範囲も当然広くなります。

短答式の出題範囲は、憲法・民法・刑法・民事訴訟法・商法・刑事訴訟法・行政法の7科目ですが、1科目だけでも膨大な勉強量と知識量が必要になります。

しかもこれらの出題範囲はあくまで法律基本科目であり、司法試験予備試験ではそれ以外に一般教養科目もあります。これは実際には大学受験レベルの英語、数学、国語、理科、社会が問われます。

このように試験範囲が広く、トータルの能力が問われる試験であるため、独学では難しいでしょう。そうなると専門学校に通って試験に臨むのが合格の近道となります。

ですが、仕事などが忙しくて通学する時間が確保できない方、費用もそんなにかけられないという方も多くいらっしゃるでしょう。そうした方々に最適な方法があります。それは通信講座です。

通信講座は自分の空き時間や隙間の時間を活用して勉強できるのでとても効率的です。通勤や通学時間を活用することもできます。

通信講座では試験の頻出箇所を効率的に学習させるなど、合格に的を絞ったカリキュラム設計がされているため、忙しい社会人でも十分に合格が見込めます。

司法試験予備試験のおすすめ通信講座は何処?

司法試験予備試験を受験する際に、生活に支障のない通信講座を使う人達は多くいます。通信講座にはいくつかの種類がありますので、どこに申し込めばよいのかは迷うところです。

比較をしているサイトもありますので、こういったものを使うことも有意義です。その際には、自分がどういったことに重点をおいて講座選びをするのかを考えます。

たとえば口コミや評判の良いところだと安心する人達は、口コミや評判が良いところを選びます。また受講料なども気になるところですが、こういった点で格安感のあるところもわかりやすく紹介されていますので、情報を参考に選ぶようにします。

何よりも合格することが目標ですので、合格実績が優れているところは魅力があります。こういったところは講師の質も高くなりますので、安心して受講する気持ちが向いてきます。これらを総合して考えて自分に向いたところを選ぶようにします。

口コミや評判、合格実績、講師の質、知名度がすべてハイレベルのところはTACという通信講座です。料金は安くないのですが、合格実績が高いことでコストパフォーマンスが優れています。

司法試験予備試験に合格するための通信講座では有名なところですのでおすすめできます。

司法試験予備試験の通信講座の費用は幾ら?

司法試験予備試験は、本格的な司法試験を受験する前段階に行われる試験です。これに合格することで、翌年の4月から5年間にかけて行われる司法試験を受験することができ、本格的に法曹界で働くことができるため重要な試験になります。

司法試験予備試験の勉強を行う上では独学や塾に通って勉強する方法がありますが、なかでも独学でも通信講座を受講して勉強する方法は人気です。

その理由には塾に通う上では費用の問題が存在し、本格的に通い続ける上では100万以上の費用がかかることも多いからとなります。

もっとも通信講座にも合格者をよく輩出している講座、答案練習に魅力のある講座、費用もそれほどかからない講座など種類も豊富に揃っています。

最近はパソコンの前のweb上で展開されるオンライン学習も定評があり、動画で講師を前にして直接的に学習できるような感じになっていることも多いです。

費用に関しても費用が安い場合には年間十数万円からなるところもあり、高くても年間五十万円前後の範囲に通信講座の費用が収まっているのが一般的になります。

つまり塾に通うよりも割安になる特徴があり、しかも独学で勉強を進めやすいように構成されていることも多いです。司法試験予備試験に独学で合格するためには、通信講座を利用することは理に適っている方法の一つとして注目されています。

司法試験予備試験の通信講座を選ぶメリット・デメリットは?

司法試験予備試験は弁護士になるための最初の関門です。法科大学院を修了できる能力を有することを示さなければなりません。司法試験の受験を可能にするため、万全の対策をして臨む必要があります。

そこでポイントになるのは、効率の良い勉強法を確立することです。通信講座には、効率が優れているというメリットがあります。自分の空いている時間を利用できるので、時間を有効活用しやすいといえるでしょう。

また専門学校に通う場合と比べて、料金が安く設定されているのが一般的です。したがって、金銭面に関して節約しやすいこともメリットとなっています。地理的な問題や資金の問題など、いろいろな事情で専門学校に通えない人もいるでしょう。

そのような人にとって通信講座は有力な選択肢となります。一方、メリットばかりでなくデメリットもあるので注意しましょう。それは自分のペースを確立する必要があることです。

メリットの裏返しともいえますが、勉強のタイミングを自由に決められるので、自分を律することが求められます。

また、最新の情報を得られない可能性があることを理解しておくことも大切です。教材が制作された時点の情報をもとに対策していくことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*