検察官と検事の違いは何がある?検察官と検事はどっちが偉い立場?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検察官は、司法試験を受け合格するか、検察事務官の経験を一定期間、積み重ねて試験に合格すると検察官になることが出来ます。

どちらが偉いというものではなく違いは、検事は検察官の中の階級の一つで、司法試験を受け合格した人が最初になるものです。

検察事務官の経験を一定期間、積んでから試験に合格した人は副検事となります。階級は全部で5つあり検察官の中で立場が一番偉いのは、検事総長で天皇陛下の認証を得てなることが出来ます。

検察官と検事は何が違う?

スーツを着た男女のイラスト

ドラマで取り上げられたこともあるので、検察官と検事の違いについて疑問を抱く人もいるでしょう。実際には2つの仕事は同じことを意味します。さらに詳しく説明すると検事は検察官の階級のひとつです。

最も階級が高い階級は「検事総長」となります。最高検察庁や高等検察庁、地方検察庁、区検察庁で設置されている役職が多少、異なることがありますが、おおまかに説明すると検事は下から2番目の階級になります。

一般的に検察官というと検事と副検事のことを指すことが多いです。検察官の主な仕事は警察などから送致を受けた事件を捜査し、裁判所へ起訴するかどうか判断することです。

起訴が決定すれば公判で立証し、裁判所に適正な判断を求めたり、実際に裁判の執行の指揮監督を行ったりします。警察でも十分な操作は行いますが、検察官にも捜査権があるので証拠を求めてさらに事件現場を調べることもあります。

警察と協力して事件の真相や真実を明らかにするのが検察官の仕事です。日本では検察官だけが犯人を起訴できることになっています。

罪を犯した人を法廷で裁くためには検事の存在が必要です。人の人生を左右する重要な判断を下す仕事なので、とても責任の重い立場にあります。

偉い立場なのは検察官と検事どっち?

検事とは、検察官という職業の中にある役職の一つです。検察官は立場が上の順から「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」に区分されます。よって回答は、どの役職にある検察官と比べるかによって異なります。

あるいは、この2つを比べることはできない、とも言えるでしょう。検察官全体として行う職務は、まず警察などから送致(関係書類や被疑者などを、捜査機関から別の期間へ送ること)を受けた事件についての捜査です。

そこで起訴・不起訴の判断を行い、起訴すべきと判断すれば、裁判所へ法律の適用を求めます。また実際に裁判を行うことになったとき、被疑者の罪を立証するのも検察官の役目です。

検事単体としては、全国各地にある地方検察庁・高等検察庁・最高検察庁で、裁判の指揮および監督をするのが主な役割です。

それより上の役職になると、高等検察庁・最高検察庁のトップ(またはその補佐役)に立ち、検察官を含め大勢の職員を指揮する立場になります。日本の法律では、被疑者の起訴・不起訴を決める権限は検察官のみに与えられています。

よって立場上かなり強い力を持つことのできる職業ですが、そのぶん言動や判断には常に大きな責任が伴います。

検察官の平均給料は幾ら?

検察官とは高等検察庁・地方検察庁などに配属されて、裁判執行の指揮監督を行う職業のことをいいます。

検察官は国家公務員になりますが、一般的な国家公務員とは給与体系が異なります。独自の法律によって等級が決められていて、それに応じた給与となっています。

高等検察庁の検察官には、一番偉い階級から検事総長・次長検事・検事長・検事・副検事といった階級制度になっています。検事の平均的な年収は600万円程度で、等級が上がるにつれて年収が上がって行きます。

20代後半だと440万円程ですし、40台前半だと600万円程度の年収になります。50代後半だと700万円程度の年収になっています。等級は昇進試験を受けて合格することで上がるので、必ずしも年齢が上がれば給与が上がるというわけではありません。

弁護士などは高給取りのイメージがあります。検察官はそれと比較すると給与は高いとはいえないかもしれません。ただし、弁護士も競争率が激しくなっているので、思うような高給を得られない人もいます。

努力や工夫次第で高収入が見込める一方で、低年収に甘んじている人も少なくありません。それに対して検察官は国家公務員になるので、多額の報酬は望めませんが安定しているというメリットがあります。

検察官には協力者が居る?

検察庁の主役は検察官だと思われがちですが、黒子役ながら重要な役割を果たしているのが検察事務官です。病院で医者よりも看護師が頼りにされたり注射や採血、吸引などを上手にこなしているのと通じるものがありそうです。

検察事務官は一言でいえば、検察官の補佐役ですが一般の事務を受け持っているだけではなく、検察官の指揮を受けて犯罪の捜査、被疑者の逮捕と取り調べ、検視、罰金の徴収などを行います。

刑事訴訟法が定める司法警察職員ではありませんが、検事の指揮を受けて捜査を行うことができ張り込みや家宅捜索では、警察のベテラン刑事に勝るとも劣らぬ職人芸を駆使して活躍しています。

多くの地検では捜査検事は担当の検察事務官と二人、小部屋で執務しています。検事付きの事務官は立ち合い事務官と呼ばれ、検事とは夫婦よりも親しい間柄と言われます。

立ち合い事務官は検事と二人三脚で事件の捜査に当たり、日常的な事務をこなすだけでなく事件の内容を調べたり、被疑者や参考人の立場や心境をくみ取りながら検事に助言を行ったり片腕となって働きます。

調べの結果を供述調書に録取するときにも、検事が後述する内容を立ち合い事務官が筆記したりワープロに打ち込んでいきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*