検察官の年収はどれくらい?同じ階級でも勤続年数で大幅に変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お金を広げる男性

検察官の報酬については、「検察官の俸給等に関する法律」という独自の法律により明確に規定されています。

検事長以下については1号から20号の等級が定められており、その平均年収は613万円程度となっているようです。

検察官の報酬は基本的に勤続年数に応じて決定されますが、階級が上がると報酬の額が増えることが多いようです。

一方で同じ階級の場合には、勤続年数が長いと報酬が増えることになります。ちなみに東京高等検察庁検事長の年収の額は、約1,600万円となっているようです。

検察官の平均年収は幾らくらい?

コインと男性のイラスト

検察官を目指すにあたり、気になることは色々あるかと思いますが、その気になる項目の中に年収面があるかと思います。検察官の平均的な年収は、およそ600万円と言われています。

検察官の給与体系は一般的な国家公務員とは異なり、検事長以下の役職は1号~20号という形で分けられています。そのクラス分けの真ん中、10号の検察官の月収平均は約39万円程度といわれ、それに各種手当などが付いてこうして平均月収の値になります。

年齢別でいうと、20代の検察官の年収平均は約390万円、30代になると約510万円、40代で約650万円という風に推移していきます。

20代で検察官になり、順調にキャリアを重ねていくと、最初の20等級から10年後には10等級となり、さらに10年以上のキャリアを積んでいき最上級の1等級となると年収は約1450万円という理想的なキャリアモデルとなります。

さらに同じ検察官でもいわゆるキャリア組である総合職と一般職では年収平均は変化し、総合職の平均年収は約850万円程度です。

当然、時間以上の役職になるとさらに年収平均は増加していきます。このようなことを考えて、将来この職に就きたい人は進路を考えると良いかと思います。

検察官は同じ階級でも勤続年数で年収が違う?

検察官は警察と協力し、被疑者を起訴するかどうかを判断します。

この起訴するかどうかを判断する権限は、検察官のみに付与されていますので判断を誤れば、冤罪を引き起こし人ひとりの人生を狂わせてしまうことがあるため非常に責任重大な職業なのです。

さて、これだけ大きな仕事をする職業である検察官ですが、どれくらいの年収なのでしょうか。検察の階級構成は、高い順から検事総長、次長検事、検事長、検事、副検事となっています。

他の公務員と同じように、昇進試験で棒給を月額で割った、年棒制度を採用しています。すなわち、国が法律を制定しそれを国会で審議して給与を決定しているのです。もちろん、階級が高いほど高給となります。

勤続年数の面から見てみると、1年目は20等級から始まります。勤続30年以上ともなれば、順調に昇進していくことで年収1500万円以上も可能です。このように、検察官の年収は階級や勤続年数によって異なります。

検察官は、普通のサラリーマンと比べると仕事の内容が専門的かつ残業代が支払われないことになっていますので敬遠される人も多いかもしれませんが、昇進を続ければ年収1000万円を超える可能性が十分にあるのです。

検察官で出世コースに入るには?

検察官には階級があり、一番上から検事総長、次官検事、検事長と並んでいます。一般的に検事事務官から試験を受けて検察官になった人は、副検事となり一定期間勤務を行った上で試験を合格することで検事として活動することが出来ます。

司法試験を受けて検察官になった人は副検事を行うことなく検事からスタートすることが出来るため、早めに出世するなら司法試験を合格することが大切です。

検事として出世をするためには、新任検事として東京地検本庁で合同教育を受けた上で、基礎的実務能力を身につけることで実際に捜査公判に携わっていくことが出来ます。

実力が身についてくれば、大阪地検本庁や東京地検本庁にて基礎的実務能力をさらに伸ばしていくことになります。

検事は最初の1~2年を地方都市で経験を積むことになり、次の2年間で多種多様な事件の捜査公判を通じ、大都市で実務能力を伸ばしていくことでやっと中堅検事として認められます。

実際に自分自身も後輩検事の指導を行いつつ、法務省や政府機関、国際機関に配属され事件を担当し、三席検事や小規模支部長といった中間監督者にキャリアアップしていくのです。

年収は役職によって異なり、検察官の全体的な平均年収は613万円です。最高職である検事総長の年収は約1,814万円で東京高等検察庁検事長の年収は約1,600万円となります。

女性は検察官になれる?

ドラマや映画では、検察官といえば男性の俳優が演じることが多いので、男性のイメージが強い職業であります。

しかし現実には、女性であっても検察官になるための司法試験に合格して法務省が行う採用試験に受かることができれば、検察官として働くことができます。

実際に毎年30名前後の女性が検察官として採用されていますから、男性よりは数が少ない一面がありますが、しっかりと働いています。

女性検察官は、優秀な能力と正しい正義感を持っているだけでなく、細やかさや優しい態度などが好評であることも多いです。

検察官の採用試験は性別で左右されることがなく、必要に応じた能力を有していれば、公正な試験が行われるので採用されることは決して大変なことではありません。

ただ検察官は年収も高く、社会的に立派な職業である反面、国家公務員という社会に奉仕をする仕事だという一面が強いです。

そのため仕事内容はハードですし、残業があったり、出向をするなどバイタリティと信念を持ち合わせていなければ大変な部分もあります。

特に女性は出産や子育てをするのであれば、仕事の両立が難しいこともありますが、公務員としての福利厚生を利用すれば周囲のサポートを経てやりがいを持って働けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*