検察官は年齢制限がある?何歳までに予備試験に合格した方が良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検察官になる年齢制限はないですが定年が63歳(検事総長は65歳)なので、採用を考えると若い方が有利です。学歴制限もありませんが、資格の有無で検察官になるための試験の種類が異なります。

検事になるルートは5つあり、まず法科大学院を修了するか予備試験に合格し、更に司法試験を合格した後に1年間の司法修習を受ける必要があります。

それを終了してかあらそのまま検事になる場合や、判事や判事補といった裁判官を経たり、弁護士を経験してから検事になるケースがあります。

また特定の大学で3年間以上、法律学の教授や助教授の職に就いてから検事になる場合や、既に検察官である者が副検事といったルートです。

検察官は年齢制限があるって本当?

スーツを着た男女のイラスト

検察官になるにはいろいろな資格や段階が必要です。それだけ知識や経験が必要な仕事ですので、検察官になるのに時間もかかります。そこで気になるのが年齢制限です。

司法試験に受かったとしても、そこからさまざまな経験を踏むとなると、今からなっても年齢制限で線引きをされてしまうのではと心配になる方もいるでしょう。しかし、心配は不要です。

検察官になるのに年齢制限はありません。資格と段階を満たしていれば、特に年齢で区切ることはないので、その点を気にせずに勉学や経験を積むことに集中できます。

しかし、司法試験を受けられる回数に限度があるので、検察官になる前の段階である程度の計画性は必要になります。また、検察官の定年も決まっており、一般的には63歳で検事総長が65歳です。

つまり、この年齢に近いほど司法試験は合格しても、検察官に就くまでに至らないケースも考えられます。この年齢までに余裕があるのなら、あきらめずに年齢制限を気にせずに取り組むことは問題ありません。

意外と年齢制限がありそうに思えて、正式な条件はないのでチャンスは広がっています。しっかりと中身のある検察官になるには、年齢ではなく実力勝負であると言えます。

検察官になるには何歳までに予備試験に合格した方が良い?

検察官を志望している場合、登竜門とされているのが司法試験を突破することです。司法試験を受験する平均年齢は公表されておらず、事実上年齢制限は撤廃されています。

国家資格を受験するためには資格として法科大学院を卒業しているか、予備試験を合格する2種類の方法があります。

一般的には法科大学院を対象として法学部出身者は2年の時点で課程を修了するので、24~25歳で受験を資格を得ますが、予備試験は年齢の下限がないので誰でも受験することが可能です。

そのため法科大学院に通っている経済的、時間がないという社会人であっても、司法試験にチャレンジする方法として予備試験を受けるため、高年齢層の方が受験することも珍しくありません。

特に日本では人生100年時代に突入していることから、人生経験が豊富な人がキャリアアップのために予備試験に受験する方も増えてきている傾向にあります。

しかし実際に検察官として働き始める場合、本格的に仕事を始めるまでは1年間は司法修習の課程を修了し、最終試験に合格しないと法曹になる資格を得ることが出来ません。

そのため若い内に試験に合格できれば、早くに検察官の道を歩き始める事ができるので、同世代の人よりもキャリアアップしていくことが出来ます。

検察官になるには何歳までに司法試験に合格した方が良い?

検察官とはどのような職業なのかというと、犯罪が発生した際に警察と協力しながら捜査を行い、その結果をもとに起訴するかどうかを判断することです。

いわば法律の専門家といっても過言ではなく、社会の秩序を守るために必要不可欠な職務を行っています。検察官になるためには司法試験に合格しなくてはならないので、合格者は検察官の他に弁護士や裁判官を希望することもできるのです。

しかしながら、司法試験に合格すればすぐに検察官になれるというわけではなく、1年間の司法修習が存在しています。

その司法修習の中で良い成績を残すことはもちろん、その人の性格などから本当は弁護士や裁判官の方が向いているのではないかなど、自分自身のみならず周囲の目からも判断していくのです。

実際のところは検察官になるために司法試験合格の年齢制限があるわけではありませんが、仕事の特性などから考慮して、一般的には高年齢での合格は難しいといわざるを得ません。

採用後はまず東京地検で2ヶ月の研修があり、それから全国各地の地検に配属されます。その後は数年ごとに転勤を繰り返し、検察官である以上転勤を避けることはできないのです。

ハードワークであるといったことを鑑みると、年齢が若い方がより得だといえます。

検察官は試験に合格しても採用されないことが多い?

検察官は検事とも言われますが、任官するためには司法試験に合格しなくてはいけません。司法試験と言えば難関の資格である事は有名ですが、必ずしもこの試験に合格することで未来が開けるとは限らないと言うことが知られています。

そもそも司法試験に合格することによってなることができる職業にはいくつかありますが、裁判官や弁護士のほかに検察官と言う道が開けていることになります。

検事になるためには、任官を希望するものの中から優れた人格や適性を持っている人物を総合的に判断する試験に合格する必要があります。

そのため司法試験に合格してから、さらに選抜を受けることになると言う仕組みになっていることに留意しなければなりません。司法試験に合格することによって自由に職業が選べるわけでは無いのです。このことは重要なポイントとなります。

任官するために必要な条件にもいくつかありますが、年齢制限と言うものは存在していません。最近の事例であれば最年長で38歳の合格が記録として残っています。

最年少は24歳であり、平均年齢が27歳と言う事から狭き門であり複数回の努力を必要とする場合が少なくないことを示しています。

このような意味において合格者数は厳しく制限されていると言う現状が存在しており、必ずしも採用されるものではないと言う位置づけになっていると考えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*